同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2部優勝に大手
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション2020 : 馬術部
主将セレクション「馬術部」

馬術部主将セレクション 2020年を語る

田中×高橋人×武道

「目指すは全国の頂」


左から武道、高橋、田中蒼

※以下の取材は2月13日に行われたものです。


ー武道と高橋を選んだ理由

田中蒼「全日本メンバーだからです」


ー馬術という競技の面白さを教えて下さい

田中蒼「やっぱり1番は動物を扱うところ」

高橋「自分が愛情を注いだ分、馬もそれに応えてくれるので、動物を扱うスポーツだなと感じます。」

武道「話せない分、それ以外のコミュニケーションが凄い大事で難しさもあって、だから上手く行った時は凄い嬉しい、というところですね」


ー逆に馬術部ならではの苦労はありますか?

田中蒼高橋「朝が早い(笑)」

田中蒼「世話をしなければいけない、誰かが管理しなければならないというのは大変なところではあるし、日々馬の調子が違って気候などにも影響されたりするので、そういう馬の調子の見極めが必要。そういうところが他部活にはないところだと思う」

高橋「乗馬クラブと違って、学生が主体となって番車の手配とか試合の進行とかも全部やらないといけないところが大事だと思います。」

武道「生きているから世話とか色々365日するところですね。」

ー朝が早いというのはどれくらい早いのですか?

田中蒼「馬の朝ごはんが5時30分で、部活動自体はそんな早くから開始しないですけど、曜日で人を割り振って泊まり込みで誰かが餌をあげて…一日4食あるから夜ごはんは20~21時くらいになるので、夜も遅いっちゃ遅いですね。」


夏学では3年ぶりの関西王者に


ー同志社馬術部の特徴

田中蒼「他校がどんなのか…が分からないので難しいですね」

武道「施設すごいです」

高橋「たしかに」

田中蒼「この厩舎は多分、日本で1番と言ってもいいくらい綺麗だと思います」


厩舎の中で待機するミキノティータイム。完全に休憩に入る時は馬着を付ける。


ーそうなんですか!?

田中蒼「うん。こんなにいい厩舎は乗馬クラブでも中々ないと思います。」

高橋武道「うんうん」

田中蒼「あとは…馬術競技馬が多い」

ー馬術競技馬でない馬とは?

田中蒼「走るために生まれてきた馬もいます」

武道「競走馬ですね」

田中蒼「そうそう。ザミーラなんかはオランダで生まれた馬術用馬。」

田中蒼「俺らが乗っている馬というのも全部外国の馬で馬術のために生産されてて、走らされることは教えられてない。障害物を飛び超えることを教えられて生きてきたから、それに特化した馬が多いのは同志社の魅力…になるのかな?他に比べて多い方ではあると思います。」

ー田中選手ならザミーラ、高橋選手ならスフィーダ、武道選手ならシロッコプラダというように専用馬?がいると思いますが、出会って何年目ですか?

武道「私は5年目です」

高橋「僕は4年目ですね」

高橋「ザミーラは監督、学校の馬なので2年半です。」


ー去年の代と違う雰囲気

田中蒼「これはもう…主将が答えることじゃないから、皆がどう感じてるかや」

武道、高橋「はい(笑い)」

高橋「去年と比べて部活でのコミュニケーションが取れるようになったと思いますし、毎日、作業がスムーズに終わってる感じはします。ぎくしゃくしない感じが。」

武道「一つ一つがきっちりとしているなと。全部ちゃんと先輩たちが決めてくれているので。決して、前も決めてなかったわけではないのですが、なんというか、ルールとか…」

田中蒼「とりあえず面倒くさいルールがいっぱい増えたということですね!」

高橋「はははは(笑い)」

武道「いやっ、そんなことはないんですけど(笑い)」


インカレでは全国団体2位を勝ち取った


―新チームになって見つかった課題

田中蒼「まず去年よりかは順調に調整が進んでいるのかなと。課題というのはやっぱり…試合も始まっていないですから具体的には見つかっていないですが、それぞれが去年の成績を自覚して自分たちが全国レベルで戦える状態であることもそうですが、有頂天になることなく、欲張りすぎず強い気持ちを抱いて…下手(したて)に回りながら…」

高橋、武道(笑い)

田中蒼「やっぱり、舞い上がらないことが大切だと思います。そして全体的に、一般生も上手で、僕ら(推薦組)も勝ち負けできるように、『同志社は強いな』と思ってもらえるように頑張ることが春に向けての課題というところです。」


―オフシーズンで強化したところ

武道「本当に基礎から、障害を飛ぶことだけじゃなくて、プラダと一からリセットしてどうやったらもっとクオリティ上げれるかな、と考えてやり直しました。」

高橋「全学終わって、スフィーダも休養に入って、自分の全学の走行とどうやって全学勝てたかというところをビデオを見て、シュミレーションして浮かび上がったこと、『今後どうすればいいのか』というところを全部書き出してそれを春に向けてオフシーズンでやれるようにしています。」

田中蒼「去年の今に比べたらザミーラの状態というのはとても良い状態でシーズンを迎えられていると思うので、5月に向けて徐々に、急にスパートをかけるのではなく、しっかり体づくりから始めて、5月には仕上がっているようにやっていけたらいいなと。」


―今年の抱負

武道「去年よりももっと最終的には全学で団体も個人も優勝したいし、そのためには春学、夏学も上を目指してプラダと調子よく、健康的に上を目指していきたいです。」

高橋「去年はスフィーダも少し調子を落としていて、全学は9位でよかった(言葉をにごしながら)のですが、やはりどうしても自分の一落が無ければ…という思いはずっと残っているので、チームのためにも自分が減点を減らして、団体も個人も今年は優勝いけるようにやっていきたいと思います。」

田中蒼「最後の年になって感じる責任であったりとか、今年で終わりなので悔いを残さないように、ということはすごく考えますが、全日本の障害で優勝するということを最終目標に、コンスタントに春から夏、この3人を中心に部活として全日本優勝を目標にしているので最後に皆で笑って終われるように、それができるようにこの1年頑張っていきます。」

―ありがとうございました【聞き手・中川海太】


第55回 全関西学生馬術大会(春学)が中止になりました。その他大会にも日時の変更がございます。

http://equestrian.g2.xrea.com/ksef.html←関西学生馬術連盟のHPです。


田中蒼(たなか・そう)〈馬・BIZザミーラ〉

奈良県立山部高校出身。趣味はバイオリン。175㌢・54㌔。商学部4年。


高橋勇人(たかはし・ゆうと)〈馬・スフィーダ〉

東京都・関東国際高校出身。趣味はゴルフ。165㌢・64㌔。スポーツ健康科学部3年。


武道芙紀(ぶどう・ふき)〈馬・シロッコ・プラダ〉

埼玉県立蕨(わらび)高校出身。趣味はラーメンを食べること。156㌢。スポーツ健康科学部2年。

【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について