同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2部優勝に大手
SO戦制し大勝利!【陸上ホ...
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年12月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション2020 : 居合道部
主将セレクション「居合道部」

居合道部 主将セレクション 2020年を語る

松山花子×中小路也×武田

「名門復権の予感」


左から松山、中小路、武田




ーー他己紹介お願いします

中小路:武田は、すごい周りを見る力が凄い。けっこう普通の人が目の届かないような範囲も見てくれている印象が強い。後は稽古量が誰にも負けていない。居合の知識もたくさんあるので、京田辺校地のトップとして頼りにしてます。

武田:松山は精神的な面で力強いというか、しっかり芯を持っているなという感じがします。練習しているときも常に自分を持ってやっているとこが凄いかな。僕ら2人の中には無いものかなと思います。

松山:中小路は考え方に軸があってぶれないので、周りもついてくるのかなと思います。


ーーなぜ3将に選ばれたのか

中小路:同期の中で見たときに、ぶれないメンタルだとか、人前に立って周りを見る力とかを買ってもらえたんじゃないかと思います。居合とか技の上手さ云々もあると思うけど、それ以上に、これからの困難とか、人前に立つこととか、いろんな意見をもらったり、批判されることとかも多いと思うけど、その上でやっていける3人だからこそ、多分選んでもらえたんじゃないかと思います。

武田:適材適所、一人一人の役目があると思うんで、会計やったら金銭的なことを見なければいけないとか、企画だったら新入生をどうやって勧誘しようとか、そういう一人一人の持っている力を買われて選ばれたと感じる。主将、副将に選ばれた人は、それぞれに合った面を買われて選ばれたのかなと思います。

松山:三人とも考え方が違うので意見が偏らない。いろんな意見があるのがいいことかなと思います。


ーー新体制となって変わったこと

中小路:いい意味で猪突猛進というか、とりあえず一回やってみようっていう雰囲気は強いかな。一回試して駄目やったら変えればいいんじゃないみたいな。一回試す前から悩みすぎたりとか、考えすぎるよりかは試してみて、自分たちに合うかどうかを見極めようという雰囲気になったかなと思います。

武田:今までの体育会で武道とかって、やっぱり上下関係が厳しかったりとかあって、そういうのをなくしたいっていう空気をちょっとずつ感じていて。そういう部分で、やらない後悔より、やる後悔っていうのもあると思うんですけど、今までは上下関係が厳しかったり、やろうにもやれないことが多かった。そういったことで、和気あいあいとできるようになったというのが、変わったことかなと思います。

松山:全員が部活に対して熱を持っている代なので、行動力は今までよりあるのかなと思います。


ーー3将になって意識していること

中小路:俺はとりあえず、後輩には練習量で絶対負けへんようにしようと思ってます。尊敬されなあかんかどうかは分からへんけど、やっぱり人ができないことをしないと、主将になった意味がないから。稽古量とか居合に取り組む視点とかで、他の人に負けない稽古をしようと意識してます。

武田:自分以外は今出川校地で、自分は京田辺校地なので、練習量は負けないで行こうと思うんですけど、自分の性格上、みんなと仲良くしたいってのがあるので。稽古外では和気あいあいとできて、稽古するよってなったら、しっかり大きな声でしかることもあるかもしれないし、そういう厳しさと優しさ、稽古でただただ怖い先輩って思われたくはないんで、それ以外ではみんなと仲良くなれたらなと思います。

松山:3将として、ミーティングとかで後輩の前で怒らなあかんときとかもあるので、怒ってるのに自分はできてないとかなれば、受け入れてもらえないので、ちゃんと見本となれる行動をとりたいと思います。




昨季の全日本では惜しくも決勝で敗北した



ーー他の人には負けないところ

中小路:集中力かな。1本1本に対しての集中力は隣の人に負けないという気持ちで刀を抜いてます。

武田:自分は体形が武道に対して、向いている体型ではなくて、一度、審判の人に言われたんですけど、細くても、力強さがあるというギャップがアピールポイントになると思うので、弱みを強みにしたいです

松山:女子には力強さで勝って、男子には丁寧さで勝てるような演武。今はできないけど、できるようになれば武器になると思います。


ーー今季の個人目標

中小路:全日の個人優勝。これしかないと思ってます。何年ぶりやろ、6年ぶりかな。6年ぶりの全日個人優勝を同志社から出すのが今年の個人目標です。

武田:まずは、京田辺校地で3将が僕一人なので、先輩を含め、田辺で自分が一番上手くなるっていうのと、僕は団体戦に参加したことがないので、団体戦のメンバーに入ることです。

松山:大会で優勝したことがないので、優勝することです。


ーーチーム目標

中小路:多分全員一緒です。西日優勝、全日優勝、全員入賞、この3つを掲げてずっとやってきたから、今年こそは達成したいと思います。去年は全日を落としてしまっているので、今年は取り返さないと思います。幹部としての目標は、俺たちが59代なんやけど、60代、61代が俺たちより強くなることを目標に頑張りたいと思います。


ーーご協力ありがとうございました!(聞き手:上辻創太)



*プロフィール/名前/学部/学年/身長/体重/出身校/趣味


中小路祐也(主将)/法学部3年/174センチ/75キロ/同志社国際高校/温泉巡り

武田昇泰(副将)/理工学部3年/167センチ/58キロ/名古屋高校/服

松山里花子(副将)/経済学部3年/156センチ/四天王寺高校/食べること



【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について