同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
「ボクシング部」北陸地方・福井県
忘れられない一戦
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2020 : ボウリング部
主将セレクション「ボウリング部」

ボウリング部主将セレクション 2020年を語る

大濱乃×澤田斗×木下

「盤石なチームへ」


左から大濱、木下、澤田


――対談相手を選んだ理由

澤田「副主将二人ということで、これから次の代を担っていくので期待はしています」


――それを受けてみてどうですか

大濱「今年、チームが大きく変わるので、澤田さんがいなくなった後でもいいチームを作っていきたいです」

木下「期待がかけられているのは、プレッシャーになる。けど、その期待に答えられるよう副主将として、チームを引っ張って行きたいです」


――チームが大きく変わるとは

大濱「スポーツ推薦の子が入ってきてくれる。現在は、大学始めの人たちばかりでチームが大きく変わるかなと思っています」


――お二人から見た主将は

澤田「怖いわー」

一同(笑い)

大濱「部活で一番ボウリングが上手だなあと思う。自分が2回生の時に関西学生大会で優勝しているので、実力はあるなあと思う」

木下「ボウリングは技術的な練習だけじゃなくて、座学面がすごく大事で、主将はすごく座学を知っている。それはよく教えてもらっているので」

澤田「褒めても何にも出んよ(笑い)」


――初対面の印象

澤田「それが全然記憶にないです(笑い)。自分が2回生の時は自分のことで手一杯だったので、そんなに手をかけてやれなかったので、初対面の記憶はあまりないですね」

大濱「同期の木下くんは、体が大きいから怖かった(笑い)。澤田さんは私が入部してきた時から、すごく上手だったのでとても印象に残っている」

木下「澤田さんは、2年前初めて見たときは、なんか、この人が大学からボウリング始めたのかあってびっくりした。元々やっていたのかなと思うぐらい、うまいなと思いました。大濱さんは、小さい頃からボウリング熱心。最初ちょっと関わりにくいかなと思ってたんですけど、話しているうちに頼れる存在だなと思いました」


――他己紹介をお願いします!

澤田「2人とも完璧主義だと思う。芯があるというか、一貫性がある。あとは、自分の持っている気持ちを他の人に与えられるかどうかだと思います」

木下「難しいですね」

大濱「澤田さんは、いろんな意味ですごくいい人」

澤田木下(笑い)

大濱「部員に厳しいけど、優しい部分もあって。木下くんはバッサリ言ってしまうタイプだけど、主将がちゃんとそれを止めてくれてるので…。優しいイメージです」

木下「主将は、練習中とかも周りに目を配っていて、練習は6レーンとか使ってやるんですけど、一人一人に気をかけてくれているなというのがわかります。…」

澤田「何恥ずかしがってんねん」

木下「なれないんですよ。他己紹介…。大濱さんは、すごいボウリング熱心で、部活のことよく考えてくれてて、練習時間だけではなくて、一日中ボウリングの話ばっかりするので、よく頑張ってくれているなあと思います」


対談の様子


――今年のチームは?

澤田「まだチームとしては全然まとまっていない。今は個人の技量を上げていく時期かなと思う」

木下「来月にリーグ戦が始まる(取材は3月末。今季のリーグ戦は新型コロナウィルスにより中止)のでそれまでになんとか。ボウリングも団体スポーツなので、5人で協力しあって試合をするので、お互いに助け合えるというのが大事になる。だからこそ、普段から、しっかりチームと関わっていきたい」

大濱「中心となるメンバーが、すごくリーグのことを考えているように感じるので、いい方向に向かってきているのかな」


――普段の練習で意識していること

澤田「自分がいるときは、基本的に自分がメニューを組んでいる。就活とかで自分が練習を抜けるときは、いる人の中で相性とかも考えて、誰かと誰かで責任持って練習考えて、みたいな感じでメニューは決めている。あとはこの3人の中で日誌を交換して記録しています」

木下「ボウリング部で、4回生が2人しかいないので、3回生がメインになることもあるから、3回生が今の2回生をしっかり引っ張っていかないといけないので、そこは頑張りたい」

大濱「リーグ戦で大事になってくるのは、ストライクをとるってことよりもスペアを取ることなので、毎回スペアの練習はしています」


ーー部活のつながりを強くするために行っていること

澤田「ご飯とかは、練習後に行ったりとかはしています。横は?」

大濱「私たちの代は、同期が6人と他に比べて多いんですけど、2、3人で集まって、練習したりはよくしています」


――今後の目標

澤田「春は優勝を目標にしつつ、盤石なチームを作ることを目標にしている。秋はもちろん優勝と、全日本3位以内という目標を成し遂げられるようなチームになっていたい」

木下「個人的な目標として、リーグのアベレージを200に近いところまで持っていきたいい」

大濱「リーグは男女別なんですけど、今季は私も含めて推薦が2人揃うのでリーグも全日本もアベック優勝を成し遂げたい」


新型コロナウィルス感染症拡大による影響で、春リーグの試合中止が決定された。だが、選手達は次の舞台に向け、懸命に歩み出している。個々の力を磨き上げ、秋リーグ優勝へ。戦いは始まっている。(由良恭子)



○プロフィール


澤田貴斗 (さわだ・たかと)

経済学部4年生/名城大学附属高等学校出身

特技:意外にも料理


大濱梨乃 (おおはま・りの)

商学部3年生/神戸大学附属中等教育学校出身

特技:餃子の早包み


木下大輔 (きのした・だいすけ)

理工学部3年生/大阪府立岸和田高等学校出身

特技:早起き


【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について