同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
「ラグビー部 鈴木克弥・斉...
「剣道部 小島利音・讃岐華...
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
出身特集 : 軟式野球部
「軟式野球部」 東海地方・愛知県

忘れられない一戦


昨シーズン西日本大会優勝、全国大会3位という華々しい結果を残した同志社大学体育会軟式野球部。東海地方からは愛知県豊橋市出身の吉田(理工3)と片桐(法2)の同級生コンビを紹介する。彼らは中学生のとき東海総体で3位という成績を残した豊橋市立高師台中学校のチームメイトだ。


吉田は父の影響で小学生から野球を始めた。中学総体で愛知県2位代表として東海大会に出場したときのことが今でも重要な局面になると彼の頭をよぎる。自分たちが目標としていた東海大会で1勝をあげることができそのときの喜びは今でも忘れられない。「延長戦までもつれこんだが勝利を掴みとった」。この経験をきっかけにスポーツの面白さを再確認し今でも軟式野球部の一員としてチームをけん引している。吉田は同期からも後輩からもいじられやすくフレンドリーな存在。しかし向上心が高く集合時間より前にきて練習をしている姿がよくあるという努力家な一面もある。

関学大との一戦



片桐は小学1年生のとき兄の練習についていき練習に混ざるうちに野球の虜になった。高校球児として甲子園を目指していた彼には忘れられない試合があった。高校2年生の練習試合のことである。3点を追いかける9回、ノーアウト満塁で打席に立つ。ノーストライク、スリーボールからライトスタンドにホームランを放った。これは彼にとって人生初の経験でこれが片桐が現在も野球を続ける原動力の一部になっている。

同志社に入学後、運動を続けたいと考え軟式野球部、少林寺拳法部など候補の部活はいくつかあった。しかし野球を続けたいという思いから雰囲気の良かった軟式野球部に入部。選手層の厚い軟式野球部であるが昨年は1年生ながら全国大会で活躍を見せ4年ぶりの全国大会で3位という成績を残した。西日本大会決勝戦ではタイムリーを打つなどチームにとってなくてはならない存在だ。幹部は芯が強くブレない彼の堅実な姿に一目置いている。軟式野球部のこれからを担う大切な存在になるだろう。

西日本大会で活躍をみせた片桐


今年も軟式野球部から目が離せない一年になりそうだ。

文責 江川なつき


○プロフィール

吉田旭浩

理工学部3年/内野手/京都府同志社高校出身


片桐光之典

法学部2年/内野手/愛知県豊橋東高校出身

【出身特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について