同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
「ラグビー部 鈴木克弥・斉...
「剣道部 小島利音・讃岐華...
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
出身特集 : バスケットボール部
「男子バスケットボール部」近畿地方・滋賀県

帰ってきたゲームメーカー


この春1年間のアメリカ留学から帰ってきた福島(スポ34)。語学だけでなく本場アメリカのバスケを学ぶべく留学の決意を固めた。それほどまでに魅了されたバスケと福島の出会いの場所は地元・滋賀である。


サッカー、剣道、水泳と様々なスポーツを経験した幼少期を過ごす。昔から興味があったというバスケを小4から始め、小5になりバスケ一本に絞り打ち込んだ。小学生の頃は、友達と朝集合して琵琶湖のほとりをランニングし帰り道にゴミ拾いをしていたと言う。琵琶湖沿いは景色が綺麗で、今でもウォーキングをする時に通るお気に入りの場所だ。

ミニバス時代


中学校時代は地元・滋賀の打出中学校でキャプテンを務める。スタメン、フル出場とチームの大黒柱として活躍し、県大会優勝へ導いた。

滋賀レイクスターズの前座試合にて・背番号4番の福島(右下)


高校は小学生の頃から強い憧れがあった洛南高校(京都府)に進学する。現在プロバスケットボール選手である比江島慎、辻直人がウインターカップ3連覇を果たした洛南は全国で有名な強豪校だ。福島の思いが届いたのか、洛南サイドから声をかけられ長年の夢が実現。憧れの地でバスケライフが始まった。ハードな練習をこなす中高生時代、自身で語るほど食欲旺盛な福島を元気づけた地元飯がある。「肉食堂 最後にカツ。」という定食屋だ。トンテキやカツカレーなどボリューム満点の定食がある。なんと言ってもごはんのおかわりが自由というところ食べ盛りの学生にとって魅力的なポイントだ。


実家から通えるということもあり、同志社大学への進学を決める。ディフェンスやゲームメイクを武器に、2年生ながら4年生に混じり試合に出場。インカレ出場も果たし、チーム、個人共々実りある年となった。3年生になり、海外留学に1年間行くと、苦楽を共にした先輩の引退を見届けられないという苦渋の選択を迫られる。田邊(前年度主将)がミニバスから大学まで一緒だったこともあり、さらに福島を悩ませた。

果敢にシュートに向かう


覚悟を決めて向かったアメリカ留学から1年、今年は同期の最後の年だ。笑顔で同期を送り出すため、より一層責任感が高まる。チームで掲げた「インカレ出場」への道のりは険しいが、福島のゲームメイクで切り開いていく。(藤原和奏・片渕千尋)


○プロフィール

福島悠喜(ふくしま・ゆうき)/スポーツ健康科学部3年兼4年/洛南高校出身/174㌢・65㌔

【出身特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について