同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
「ラグビー部 鈴木克弥・斉...
「剣道部 小島利音・讃岐華...
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
スタッフ特集 : 自動車部
「自動車部 辻田航」

二足のわらじ

ーー自動車部に入った理由

「特に深い理由はないけど、新歓のときの雰囲気とノリで決めました。雰囲気がすごい好きやった。」


ーーどんな雰囲気?

「新歓のときは真面目な場所じゃないので、みんなおちゃらけた感じで自分の車とかで遊んでる感じがこれがほんまに体育会の部活なんかすごいなって思ったのがきっかけです。」


ーー整備主任になった理由

「部活の試合車と同じ車を自分が乗ってて、試合車を一番整備し慣れてるからです。」


ーー整備主任の仕事

「簡単なもので言えば、エンジンのオイルを交換したり、ミッションを車から外して中を開けて修理したり、車の下に潜ったり、いろいろ幅広く。試合中に壊れたものを直すのが僕の仕事なので、どこが壊れても直します。」


ーー整備主任になって変わったこと

「自分より下のことを意識するように変わった。やっぱり部活なので、下の子が育たないと次に続いていかないので、ただ自分が整備するだけじゃなくて、後輩にも教えながらやったり、そういうの気を使うようになりました。」


ーー整備をする上で嬉しかったこと

「なんかの作業を任されて、その作業を早く終わらせてみんなに早って言われたとき。やっぱ整備主任なのでパパパっとやっちゃうんですけど、そう言われたらすごいやろってなりますね。笑」


ーー新チームの雰囲気

「雄大っていう主将がいて、でもその主将だけではまだ物足りひん。けど、三回生はみんなで主将を支えて、誰か一人が主将って感じじゃなくて、みんな同じチームで何かを成し遂げようっていう意志が感じ取れる新体制です。」


ーーコロナでの影響

「ガレージに入れてなくて部活できないんですけど、いつも自動車部の人って自分の車とかも学校のガレージでよく整備してて、その自分の車の整備がみんなできてないですね。試合車もメンテナンスできてなくて、車も馬みたいなもんなんで、毎日メンテナンスしてあげなだめなんですけどね。あとは部活してない状態が続いて、車のことを考える時間が少ない。例えば部活してたら、どういう風に運転してたら早く運転できるか、ここの整備はこうやってやればできるんやろか、とか車ついて考える時間が少なくなってて、車離れしてるなって感じですね。」


ーー個人での目標

「個人での目標はまず整備主任として、壊れないような車を作るのが整備主任としての目標で、選手としては、フィギュアで全日本勝ったんですけど、ちょっと地味ですよね。花形といえばジムカーナとかダートなので、そこの二つの競技でも、表彰台に食い込んでいきたい。フィギュアだけじゃないんやぞって証明したいですね。」


ーーチームの目標

「全日本で団体優勝。そのためにはチーム全体の競技力も必要やけど、そこだけじゃなくて整備力も必要になってくるし、チームワークも必要やから、みんなでみんなの得意分野を伸ばして、足りないところは誰かが補って、全日本で通じる同志社を作っていこうっていうのが目標です。」


ーーありがとうございました


去年の全日本フィギュアで優勝し、全国に名を轟かせた辻田。周りの人に支えてもらって優勝できたと話してくれたが、今年は整備主任という選手を支える仕事と、自らも選手として目標である全日本団体優勝のためチームに貢献していく。(野村大智)


◎辻田航 (つじたわたる / 文化情報学部3年 / 京都成章高校出身)

【スタッフ特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について