同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第46回西日本フィギュアス...
第46回西日本フィギュアス...
昨秋王者に2連敗
黒星発進
'20ルーキー特...
ムードメーカー特集 陸上ホ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
練習再開 : 馬術部
目指すは頂点!
大会日程が大幅に変更され、秋に大会が固まることとなった。しかし、行われる種目も減り、全学の予選に春学が不随するような形に。今季は例年と大きく異なる関西大会となることが予想される。

春学で王座奪還を狙っていた同志社にとって、実質的な春学中止と言える日程変更は、悔しいものだった。しかし、すでに切り替えはできている。「しっかりと準備できる時間ができた、とプラスに捉えました」と高橋(スポ3)。部内全体でも前向きな考えが共有されており、馬術場には明るい雰囲気がただよっていた。


飛躍を誓う高橋と相棒のスフィーダ


目標は変わらず障害馬術競技での全国制覇。鍵となる選手は、田中蒼(商4)、高橋(スポ3)、武道(スポ2)の3人だ。昨年に夏学優勝、全学準優勝と期待十分な結果を残したトリオだが、予期せぬ形でさらなるレベルアップを図れた。※活動制限期間中に様々な馬の面倒を見たことで技術力が向上。また、「短い時間で活動を終わらせる必要があったため、逆に濃い練習ができた」(武道)と貪欲な姿勢で苦境すらも糧にし、乗り越えていた。
※馬術部は学生支援課から特別な許可を得て、活動制限期間中も厩舎や馬術場への立ち入りが許可されていた。


成長を続ける武道・シロッコ・プラダ


「刺激のない日々に目標ができた。最後の年なので、絶対に勝つという強い気持ちを持って、全学にいい弾みをつけるためにも、9月の試合には全力で臨みたい」(主将・田中蒼)。馬の状態はよく、あとは騎手の調整次第だ。不運にも、新型コロナウイルスの感染状況は悪化しており、未だに大会開催の確信が持てる状況にないが、開催を信じて準備をしておくしかない。前向きに貪欲に、くじけずに。目標に向かってただ走って行く。(中川海太)


田中蒼・ザミーラのコンビを見れるのも今年が最後だ

◆日程(予定)
9/5~6 第63回 関西学生賞典総合馬術大会 @三木ホースランドパーク
9/5~6 第45回 関西学生複合馬術大会 @三木ホースランドパーク
9/19~20 第55回 全関西学生馬術大会 @三木ホースランドパーク
9/19~20 第51回 関西学生新人馬術大会 @三木ホースランドパーク
9/19 第55回 関西学生賞典馬場馬術大会 @三木ホースランドパーク
9/20 第55回 関西学生賞典障害馬術大会 @三木ホースランドパーク
9/19~20 第58回 関西学生馬術選手権大会 @三木ホースランドパーク
9/19~20 第56回 関西学生馬術女子選手権大会 @三木ホースランドパーク
10/29~30 第63回 全日本学生賞典馬場馬術競技大会 @山梨県馬術競技場
10/31~11/1 第70回 全日本学生賞典障害馬術競技大会 @山梨県馬術競技場
11/2~3 第63回 全日本学生賞典総合馬術競技大会 @山梨県馬術競技場

【練習再開バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について