同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2020ムロオ関西大学ラグ...
準優勝で終幕
173点差をつけ完封勝利
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
4年生の心模様 : ラクロス部
ラストイヤーを迎え、今4回生が思うこと


4回生の心模様 「女子ラクロス部」

風佳×中有里×莉里佳×中村香×小奈央

左から森、中村有、林、小坂


部活動にこれまでの学生生活を捧げ、いよいよラストイヤーを迎えた4回生の選手たち。しかし今年は誰しもにとって“こんなはずじゃなかった”想定外の1年となっているのではないだろうか。


今年度、学生日本一、チャレンジリーグ優勝、新人戦二冠の達成、という「All Top」を目標に掲げていた女子ラクロス部。しかしコロナウイルスの影響を受け、リーグ戦、そして全国大会の中止が決定し、絶対的な目標であった学生日本一を目指すことができなくなってしまった。緊急事態宣言により本来ならばリーグ戦に向けた練習が行われるはずの期間に通常通りの練習ができず、仲間にも会えない時間が長く続いた。そんな自粛期間を終え、少しずつ練習が再開し始めている。ラストイヤーで大きな目標を失った選手たちは、一体今何を思いながらラクロスをしているのか。練習後、引退まで約4ヶ月となった選手たちの心境に迫った。


今の状況について


当たり前だったみんなとの練習が突然できなくなり、本来ならばリーグ戦の開幕に向けて毎日たくさんの汗をかいていたであろう時期に個人練習やオンラインでのミーティングでしか活動できなかった。しかしその長い自粛期間があったからこそ、仲間との久しぶりのラクロスを通じて気づくことができたこと、新たに感じられたことがあった。目指していた学生日本一を決めるリーグ戦がなくなり、今年行われる試合は順位のつかない特別試合のみ。そんなイレギュラーな状況下でも彼女たちは前を向き、残された約4ヶ月の練習に励んでいた。


「勝つことはもちろん、4年間みんなとやってきたラクロスを最後は思い切り楽しむことを体現して終わりたい」(中村有・スポ4)


高校からラクロスを続けてきたゴーリーの中村有(スポ4)は、大学でラクロスを続ける決断をした時から自分たちの代で日本一になることを目指してきた。長年目指してきた目標だったからこそ、練習ができなくなった状況や試合中止の知らせに戸惑い、モチベーションが下がった時期もあったという。しかし自粛期間にチーム内で回していたノートに書かれてあった他の選手の言葉や、毎日の自主練報告が落ち込む中村にやる気を取り戻す刺激を与えた。この期間でこれまで知らなかった皆の努力や思いを知り、改めて自分やみんなに共通するラクロスへの熱意を認識することができたのだ。「勝つことはもちろん、4年間みんなとやってきたラクロスを最後は思い切り楽しむことを体現して終わりたい」。自粛期間中、オンラインでの活動を通じて感じた自分以外のチームメイトの努力が彼女の支えとなり、信頼する仲間との最後の4ヶ月を「思い切り楽しむ」という前向きな姿勢を取り戻すことができたのだ。


「自分が感じている楽しさをみんなにも伝染させたい」(林・心理4)


ディフェンスリーダーである林は、当初リーグ戦がなくなったという事実に大きなショックを受けた。しかし、みんなと練習したくてもそれが許されなかったこの期間があったからこそ、これまで気づくことができなかったことに気づくことができたと語る。個人練習ばかりの日々が終わり、対面での練習を再開した時に林が感じたのは「みんなとするラクロスが好き」という感情だった。もどかしい自粛期間を経験したことで、彼女は以前にも増して「ラクロス部に入ってよかった」「ラクロスをみんなと一緒にできてよかった」と感じることができたのだ。残りの4ヶ月、「自分が感じている楽しさを、みんなにも伝染させたい。」と林は語る。ラクロスについてゆっくり考える時間があったことで自分の根本にある思いに立ち返り、見えてきた大切なこと。彼女は今しっかりと前を向き、「みんなとするラクロスの楽しさ」を目一杯に感じながら毎日の練習に励んでいる。


今、思うこと


活動を再開したものの、少ない人数と限られた練習時間。しかしそれでも引退までの時間は刻々とすぎていく。例年の試合数に比べ、特別大会では出場できる試合数も少ない。しかし、だからといってこの1年を後ろ向きな気持ちで終えるわけにはいかない。2020年度主将の森(スポ4)をはじめとする4回生はラストイヤーを迎え、それぞれの目標を持っていた。




練習に励む 上:中村友(心理4) 中・下:小坂(生命4)


中村友(心理4)の一番の目標は、自身の技術の向上だ。残りの4ヶ月間でこれまでやってきたラクロスをもっと上手くなりたいという強い気持ちで最後まで自身のラクロスと向き合う。また小坂(生命4)は、リーグ戦がない分自分のことに手一杯になるのではなく周りにも目を向け、残りの期間で自分が後輩に何か残せるものはないかと考えながら、日々の練習に励んでいる。


「主将という役職に立った時に、今年の2020年度チームを平凡に終わらせたくないと思った」(森・スポ4)


全国優勝という目標を失った主将の森(スポ4)は、チームの今後について考えた時に相対的な目標を目指すとこの1年がみんなにとって不完全燃焼で終わってしまうのではないかと考えた。今年度、チームに与えられた試合数はわずか4試合。その中で引退する4回生だけでなく、チーム全員がこの2020年度を満足して終えるため、彼女はその数少ない4試合で全員に試合への出場チャンスを与えることを決めた。最初は4回生チーム、次は2.3回生チームという形で試合を進め、チームのみんなが今年度の試合に出場できるようにする。主将・森は今年度の新たなチーム目標に、選手一人一人が自分が出場する試合で絶対に自身の目標を達成し、2020年度の自分の実力を最大限に出し切る、という目標を掲げた。「主将という役職に立った時に、今年の2020年度チームを平凡に終わらせたくないと思った。コロナでいつもより試合数は少なかったけど、ここは成長できたとみんなに感じてもらいたい。そのためにもみんなに目標を持ってもらって、満足感を得てこの1年を終わってもらいたい」と森は語る。主将として、チーム全員の成長と活躍を願って立てた特別な目標。その目標達成の果てに、この1年は選手たちの胸にどう刻まれるだろうか。確かに今年は、大学スポーツを行ってきた選手の誰しもにとって“こんなはずじゃなかった”一年かもしれない。しかしその誰しもにとって、今年でしか味わうことができない達成感や成長がきっとあると信じたい。(立入愛美)


練習後の選手たち




【4年生の心模様バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について