同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2020ムロオ関西大学ラグ...
NHK杯準優勝も成長誓う
友野1位、森口2位と好成績!!
吉田治寛・山中一輝
‘20ルーキー特集:ラクロ...
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
'20ルーキー特集 : 準硬式野球部
’20ルーキー特集準硬式野球部

今年も準硬式野球部には、多くの新入生が入部した。今回は、これからの活躍に期待が寄せられる新入生の中から、捕手の新居を紹介する。


小学2年の時に野球を始めた当初、内野手としてプレーしていた新居。その後は色々なポジションに挑戦したが、高校1年の夏の大会前に腰椎分離症を発症したことをきっかけに、高校2年からは捕手一本で活動していくことを決意。現在も腰椎分離症は完治していないが、自分の体調とうまく向き合いながら、日々の練習に励んでいる。大学選びの際には他大学とも悩んだが、「雰囲気のよさ」に惹かれ、同志社準硬を選んだ。入部してからも居心地のよさを感じており、「伸び伸び野球させてもらってるって感じです」と、笑顔を見せた。



キャッチャーミットをかまえる



そんな彼の強みは守備。「ピッチャーが悪くてもキャッチャーがよければ立て直すこともできると思いますし、逆にピッチャーがよくてもキャッチャーが悪かったら大崩れすることにもなるんで、キャッチャーはそれだけ責任があるポジション」と、捕手として責任と誇りを持つ。自身のプレーに自信を持てるよう、守備の練習には特に時間を割いている。



指示を出す



また、投手の佐伯(スポ2)とは、学部が同じということもあり、プライベートでも仲がいい。「あんな感じですけど、仲のいい先輩なんで、頼れるところはあります」。投手と捕手の関係として、息のあったプレーを見せてくれることだろう。


話し合う佐伯(写真左)と新居(同右)



明日、いよいよ待望のリーグ戦が開幕する。「僕にとっては初めてのリーグ戦になるんで、1年生らしく思い切ってプレーしようと思います」と、意気込みを語る口調は頼もしかった。新居が加わり、正捕手争いはより熾烈(しれつ)なものになること間違いなし。新居をはじめとした新1年生の、今後の活躍から目が離せない。


◯プロフィール

新居龍聖(にい・りゅうせい)

香川県立高松商業高校出身。ポジションは捕手。170㌢・65㌔。スポーツ健康科学部1年。

最近は、大学生の間に仲のいい同期と海外旅行に行くために、英語の勉強をしている。隠れた特技はトランプマジック。

【'20ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について