同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
大健闘!関西インカレ終幕
悔しさ滲む敗戦
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ムードメーカー特集 : レスリング部
ムードメーカー特集レスリング部

同志社の体育会には数多くのムードメーカーがいる。今回はその中でも、レスリング部のムードメーカーにスポットを当てようと思う。


レスリング部員に「レスリング部のムードメーカーは誰ですか?」という質問をすると、満場一致で、主将の寶諸将人(商4)と答えた。実際、今年の3月に行った、主将セレクションの取材でも、増野(文4)に寶諸の印象を聞くと、「ムードメーカー的存在。みんなを盛り上げてくれる。」と答えていた。


そこで、寶諸本人に取材を行った。また、他の部員から見た寶諸のイメージを知るために、他の部員である市橋(法4)、明原(法3)、島中(社3)、佐長(スポ2)にも取材に参加してもらった。


カメラに笑顔を向ける寶諸


――まず、それぞれの寶諸さんのイメージを教えてください。

市橋「遊びのバレーボールで試合終了間際になると、ズルしようとする(笑)」

寶諸「俺が危ないときはね(笑)それ関係ないじゃん(笑) 佐長は俺のことどう思う?」

佐長「キャプテンというよりムードメーカーという感じ」

寶諸「よくないね。それは(笑)」

佐長「ノリで生きている先輩、って感じ(笑)寶諸さんの中のルールはノリっていう(笑)」

寶諸「大事よな。ノリでバイトは飛ばないといけんし(笑)」

佐長「レスリング部憲法は寶諸!(笑)」

寶諸「レスリング部OBの平井さんの「しんどいことしようや!」って言葉がノリで生きている感じがして好き。

しんどいな、だるいな、行きたないなって思った時も、「しんどいことしようや!」っていう言葉を思い出したら、なんか行きたくならん?(笑)絢子(島中)はどんなイメージ?」

島中「いつもテンションが高い」

寶諸「練習中とかも歌ったり踊ったり楽しそうにしているからね(笑)」

島中「シビアな雰囲気になることがないかな。「なんかやろや!」って楽しく引っ張っていくところがいいかも(笑)」


――ムードメーカーなエピソードとかはありますか?

寶諸「基本、遊びに誘うときは俺が始点っていうことじゃない? レスリング部で遊んだりするときは、基本俺が始点かも」

佐長「よくバイトを飛ばさせられます(笑)」

寶諸「斐子(島中)も飛んだよな?」

島中「飛ばされたよね(笑)よくないよね(笑)」


――主将になっていままでとは少し変わりましたか?

佐長「全く変わっていない(笑)」

寶諸「あんまり変わりはしない」

市橋「来年のチームを心配しているよね。単位の関係で来年5年目かもしれへんからな」

寶諸「そうね。でも、特に変わったことはないかな。もともとこんな感じやから、そのまま。それがちょっと大々的に人を仕切るようになっただけで」


――いつからムードメーカー的な性格ですか?

寶諸「だいぶ物心ついたころからかな。性格はあんまり変わらへんしな。大学で覚醒したかな(笑) ノリの良さについては(笑)楽しいだけじゃな くて、いろいろなこと考えて盛り上げるようになったかな。中学高校の時は、しんどい時はしんどいじゃん(笑)大学から はしんどい時も 盛り上げるようになったかな」


練習中、写真の撮れ高を気にして、ポーズを取ってくれる寶諸と明原


ーー寶諸さんがムードメーカーと呼ばれる理由が分かった気がします。今度は寶諸さんの日常生活などについても知りたいと思うのですが、最近ハマっていることはありますか?

寶諸「新しいキラキラのお金を集めること(笑) 平成31年と令和元年と令和二年のキラキラの小銭が好きで、昨日数えたら6000円くらいあった(笑)ピカピカな人間でありたいから、ピカカな小銭がいっぱいある(笑) 500円玉と100円玉もいっぱいある。令和は500円玉の方が出やすい。初めて令和の500円玉を見たのはエキスポのゴディバのおつりで、友達とイェイ!みたいな(笑)あと古いお札も好き(笑)夏目さん(夏目漱石)の1000円も持っている。2000円札とか、レアなものが好き。レアなお札を使う人を理解できない(笑) なんで使うん?みたいな(笑) 友達が使おうとしていたら、大体交換してもらう。でも、この前古い1万円を友達が使おうとしていたけど、さすがにお金がなさ過ぎてやめた(笑)」

 

――最近の印象的な出来事は?

寶諸「最近、教習所に通い始めた。先生に褒められると嬉しい。ミッション

の坂道発進って意外と簡単だなって思った。教習所で知らない2人と仲良く

なった。同志社の男の子と他大学の女の子。模擬の所で仲良くなった。名前

も知らないし、連絡先も知らないけど、喋れる。みたいな(笑)人見知りな

んやけどね(笑)人見知りやけど、ノリがいいっていう(笑)」


練習の休憩中、部員と楽しげに話す寶諸


――自分の特徴的なところと言えばなんですか?

寶諸「友達は体育会がいっぱいいる。みんな体育会系」

明原「この間も今出川の食堂で体育会っぽいスウェット履いた6人組くらいで、ダラダラしていたのを見た(笑)」

寶諸「体育会大好き。体育会の方がノリがいいじゃん」

――どんなメンバーなんですか?

寶諸「ソフテニ、女子ハンドボール、男子ハンドボール、女子バレー部、フェンシング。10人くらいのグループでいつもいる」

――同じ学部とかですか?

寶諸「全然違う。商学部と文学部と政策学部かな。バラバラ。ノリがみんな同じ感じだから、楽しい。気が合う」

 

――最後にムードメーカーとしての抱負をお願いします。

寶諸「これからもみんなのことを笑顔にするべく、世の中をハッピーにすべく、自分が心から物事を楽しみます。」

 

――ありがとうございました。


今回の取材で、ムードメーカーと呼ばれる理由と寶諸が日頃何を考えて生活をしているのかを知ることができた。また、取材の中で感じたのは、寶諸がいかに他の部員から愛されているかということだった。どの部員も、寶諸のことを笑顔で話しており、「愛され主将」であると感じた。主将がムードメーカーであるから、こんなにも部員同士の仲が良く、結束力が高いのだろう。コロナウイルスの影響で、12月のリーグ戦が行われるかは未定だが、行われた時には、この高い結束力を活かして、1部昇格を果たしてほしい。(文責・撮影 藤田航輔)


〇プロフィール

寶諸将人(ほうしょ・まさと)、主将、商学部商学科4回生、好きな歌手・TWICE、乃木坂46

【ムードメーカー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について