同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
歓喜の瞬間
交流戦3連勝で終える
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ムードメーカー特集 : 卓球部
ムードメーカー特集 卓球部女子

卓球部女子では、ムードメーカーとして永尾垣(GC3)が部員からの支持を集めた。主将の塩見(商4)は、「盛り上げ役で垣ちゃんに勝てる人はいません!」と太鼓判を押す。



スマッシュを決める永尾



ムードメーカーとして推薦されたことについて、永尾は「周りに自分みたいな急に大声を出したりする人がいないので、それが逆に目立ってるのかな」と不思議そう話す。ミスをしたときなど、自然に大きな声が出てしまうのだという。意識せずともチームの雰囲気を明るくすることができるのは、たぐいまれな才能だろう。



幼い頃は静かなほうだったという彼女が、ムードメーカーの素養を身につけたのは高校生時代。サッカー部が大半を占めるスポーツクラスのクラスメートと一緒に過ごしたり、騒がしい授業を受けたりしたことが要因ではないかと自身で推測する。



留学先の中国での1枚(本人提供)



いつでも元気にいられるパワーの秘訣は、「よく食べてよく寝ること」。学部の必修単位で今年のはじめまで北京に留学していたが、様々な国の人とコミュニケーションをとるにあたっても、「素でした」というから驚きである。そんな永尾につられてか、集まってくる友達も皆明るい性格の人ばかりだ。“類は友を呼ぶ”ことを実感している。



返球する永尾



4年生引退後、永尾は副キャプテンを務める。「キャプテンを支えられるように気を利かせたい」と決意を述べた。明るく飾らない人柄で、卓球場を熱く盛り上げる。【浦谷梨央】



○プロフィール

永尾垣(ながお・えん/宮崎県・日南学園高校出身/グローバルコミュニケーション学部3年)

【ムードメーカー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について