同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2020ムロオ関西大学ラグ...
2020ムロオ関西大学ラグ...
歓喜の瞬間
交流戦3連勝で終える
'20ルーキー特...
3人の絆
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
'20ルーキー特集 : ラクロス部
'20ルーキー特集:ラクロス部男子

ようやく活動を再開した男子ラクロス部。昨年の4年生が引退し、主将・工藤(スポ4)率いる新チームに代替わりした。そんな新チームに五人の一年生が入部。その中のルーキー的存在の二人を紹介しよう。



左から、堀岡(法1)、小林(商1)

 


まず一人目は堀岡大晃(法1)。同志社国際高校出身だ。高校時代はラグビー部に所属していたこともあり、大学でも体育会系の部活に入りたいと思い、入部を決意。ラクロスは経験したことがないスポーツだったので、練習すればするほど上達を実感できることが魅力だと語った。堀岡の強みは、努力家である、ということだ。自粛期間、練習ができなかった際も、クロスを使っての壁当てなど自主練に励んだ。「4年後、チームメイトに頼られるプレーヤーになりたい」。そう意気込みを語った堀岡の今後の活躍に目が離せない。



クロスを構える堀岡



二人目は、同志社香里高校出身の小林慶史朗(商1)。ポジションはまだ決まっておらず、ディフェンス希望だ。座右の銘は、「習慣は第二の天性なり」。意味は、繰り返して習慣にすることで元々持っていた天性になる、というものだ。高校時代は堀岡と同じくラグビー部に所属。新しいスポーツに挑戦したいと思いラクロス部への入部を決意した。小林の強みは、ラグビー部に所属していたこともあって、ガタイがいいことだ。自信を大きく見せ、相手を威圧することができる。

4年後、チームメイトに安心感を持たせられるような選手になりたいと語った。そんな小林のこれからの活躍に期待が高まる。(辰己笑)



クロスを構える小林



【プロフィール】

堀岡大晃 (ほりおかひろあき / 法学部1年 / 同志社国際高校出身)

小林慶史朗 (こばやしけいしろう / 商学部1年 / 同志社香里高校出身)

【'20ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について