同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
2020年度 同志社ラグビー部 裏方特集 : ラグビー部
下山遼恭・辻井玲希・吉野満

2020年度同志社ラグビー部 裏方特集


下山遼恭

「選手の気持ちに寄り添いながら」

選手たちがフィールドで日々効率よく練習ができている裏側には部を支えるスタッフの存在がある。その一人が、下山だ。トレーナーのチーフとしてフィットネスをメインに選手を陰ながら支えている。昨年まで共にチームを支えていた社会人スタッフの方が退任して仕事量が増えた中でも、選手のために日々奮闘し、サポートに力を注ぐ。 

下山がラグビーに出会ったきっかけは父の影響だ。小学生の頃に父にスクールに連れて行かれ、そこでラグビーをし始めた。最初の頃はあまり好きになれなかったが、嫌でも続けるうちに下山の中で大きな存在になっていった。他のスポーツにはない、「トライをした時のラグビー独特の一体感を味わえる」ことが魅力だと語る。 

高校まではポジションがSHのプレーヤーとしてフィールドに立っていた。大学でもプレーヤーを希望したが、仮入部の時点で自分には無理だと感じ、トレーナーになってチームを支えることを決意。元々はプレーヤーだったため選手の気持ちを誰よりも理解し、支えることができる。それが下山の強みだ。 

「選手からの感謝が1番嬉しい」とトレーナーとしてのやりがいを語る下山。今年に入ってトレーナーのチーフを務めることになり、社会人の方とも話す機会が増えた。新しい環境の中で流されてしまってはいけないと自分の意見を持つことを大切にしている。そんな下山の座右の銘は、「為せば成る」。やればできる、なんとかなると常に思いながら挑戦することを胸に、下山はこれからも選手に寄り添いながらチームを支え続ける。(辰己笑)



◯プロフィール

下山遼恭(しもやま・りょうすけ)

経済学部4年生

中国・上海日本人学校高等部出身

トレーナー



辻井玲希

「”自分から動く”」

戦略によって勝敗が分かれることも多く、データ分析は必要不可欠。同志社ラグビー部において、アナリストとしてチームを勝利へ導くのが辻井の仕事だ。

高校時代、ラグビー部の副キャプテンを担い、チームの戦術を考えて勝利した時の達成感。その経験から、大学ではアナリストになることを決めた。対戦相手校の分析を担当し、相手の情報が何もない状態から分析を行ったり、試合に向けた情報収集に取り組んでいる。

自分の分析から生まれた戦略を元にチームが動いていくことがアナリストとしての意義を大いに感じる時だ。特に、昨年の関学大戦で戦術が通用した時には、分析の醍醐味を実感した。

「自分から動く」。彼の4年間におけるモットーだ。言われた通りにこなしているだけにならず、次の試合に向けた提案など一歩先をみた行動をする。このことに注力することが辻井の活動におけるこだわりだ。分析や戦術はもちろん、チームのために自分ができることは何かを常に考えながら活動している。

引退までのカウントダウンは始まっている。110代が掲げる日本一の目標に向け、今後も常に自分が出来ることを考えながら、自らの分析でチームを勝利へ導いていく。(松久莉万)



◯プロフィール

辻井玲希(つじい・れき)

経済学部4年生

大阪府桃山学院高校出身

アナリスト



吉野満

「苦悩を乗り越え」

選手たちを日々裏で支える吉野。大学からトレーナーとしてラグビーの世界へ足を踏み入れた。

高校時代は陸上部で選手として奮闘したが、引退前に怪我を負い不完全燃焼のまま引退。大学では陸上よりも夢中になれることを見つけ、最後の学生生活を充実させたいと考えていた。そんな時、自身のスポーツの経験を生かせると思い、興味を持ったのがラグビー部のトレーナーだ。父や兄弟がラグビーをしていたことも影響して同志社ラグビーの道へ進んだ。

トレーナーの主な仕事は選手へのテーピング、練習や試合時の怪我人の確認、リハビリを行うこと。その中でも「特にテーピングがうまく巻けた時にやりがいを感じる」と吉野は言う。今ではトレーナーとして同志社ラグビーに大きく貢献している。しかし、初めからトレーナーとしてうまく仕事をこなせていたわけではない。入部した当初、ウエイトを担当していた吉野だったが、知識も力もないため、補助をすることすらできなかった。先輩や同期と比べ、自分の不甲斐なさに悩み、選手の役にたっているのか悩んだこともあった。だが、今は「人と比べない」という座右の銘を持ちながら、自分ができることに毎日精一杯取り組み、選手を支えている。

仕事をする中で最も心掛けていることは、部員一人一人と丁寧に向き合い、いつも明るくいることだ。また、学年やチームに関わらず部員全員と分け隔てなく接することを意識している。

同志社での最後の年。選手が良いパフォーマンスを続けていけるよう、トレーナーとして最後まで選手を支え続けていく。(和泉明日菜)



◯プロフィール

吉野満(よしの・みちる)

社会学部4年生

大阪府立高津高等学校出身

トレーナー

【2020年度 同志社ラグビー部 裏方特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について