同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : ソフトボール部
主将セレクション「女子ソフトボール部」

女子ソフトボール部主将セレクション2021年を語る

西林×冨山音×山口

「関西王者奪還へ」

左から山口、西林、冨山


――他己紹介をお願いします。

西林山口

西林「これからとても大事な人(笑)これからの女子ソフトボール部を担っていく人。」

山口「まあまあまあ(笑)」


山口冨山

冨山「いっぱいありすぎて困るね~(笑)」

山口「そうやね。みんなから愛される人だよね」

冨山「え~嬉しい」

一同「(笑)」

冨山「そんないいこと言ってくれるなんて」

山口「え。終わりじゃなくて?まだ欲しかった?あやねちゃん(笑)」


冨山西林

冨山「え~、根が優しいですね。優しい人です!」


――この3人になった理由(3人が幹部になった理由)

西林「私が選びました。4年生が代替大会の前に引退するってなって、Zoomで会議したときにキャプテン決めて自分になって。幹部どうしようかなって考えた時にチームを一番強くするための幹部を選びたくて。これからのチームを担っていくいうのを期待してるのと、あやねにははずっと戦力的なことを考える力がある。まあ、この2人がベストかなと。」


――互いに尊敬するところは

冨山山口

山口「言ってみ」

冨山「いっぱいありすぎるんですけど。ちなみに私が先輩です(笑)」

一同「(笑)」

冨山「んーやっぱそうですね…」

山口「すっと言えって(笑)」

冨山「緊張する。いろんな角度から物事を判断できるなって思いますね。正しく、冷静に。すごく尊敬してます。あと、バッティングもちょっと私教えてもらってるんで(笑)」


山口西林

山口「尊敬するところは、なんて言うんだろう。人から信頼されるところ。いろんな人がいると思うけど、悩んだときとかに誰に相談しようってなったときに、みんな西林さんに行くみたいな。そういうところを尊敬します。」


西林冨山

西林「誰にでも話しかけれるし。後輩とかからもすごい好かれる。いろんなこと見てあげてるし、気分が落ちてる人がいたら話しかけに行ってる。同期にも声をしっかりかけてる。心がすごい熱いんよね。熱い。」

冨山「熱女(笑)」

西林「チームにとってすごい大切な存在だと思います。」


――新体制になって変わったところ

山口「去年のことを批判してるわけじゃないけど、純粋にソフトボールを楽しめてる人が増えたなと。もちろん勝ちを目指しに行くなかでお互いを高めあっていくけど、楽しんでる感じというか。それが去年よりすごい活気はあるなって。」

冨山「会話がね。増えたよね。ソフトしてる時もしてない時もチーム間での会話が。」

山口「学年関係なくね。」


――スローガンは

西林「関西王者奪還なんですけど、リーグの方式が変わるかもしれなくて。本当だったら秋リーグで2部の1位になってるから、次は1部から始まるはずなんですけど。次の春リーグがもしかしたら2部の1位スタートになるかもしれない。そうなるとインカレに出れるチャンスはあるけどチャンスの幅が全然違ってくる。だから、目標ももう一回見直さないといけない。なんで、まだ何ともね。今のところは関西王者奪還です。」


――1年生はどんな存在か

冨山「練習終わっても積極的に自主練する子が多くて。そういう姿をみた時にもっと頑張らなきゃって思う。そんな後輩をみるとみんなで勝ちたいなと思わせてくれる。真面目っていうかすごいいい子たちばっか。喋りかけたらうえーいともできる(笑)もうちょっと私の魔法をかけていこうかなと。」

山口「呪いやん」

冨山「呪いじゃないし(笑)」

一同「(笑)」

冨山「まあ、ほんとにいい子たちばっかで、チームにもプラスだし。」


――次入ってくる新入生は

西林「決まってる。4人。」

冨山「新入生…怖いです(笑)」


――西林・冨山はラストイヤーだが

西林「後悔しないようにやるだけかなと。ほんとに。今やらないと何も残らないっていうのは先輩見てきてわかってるので。同じことを繰り返さないように。今できることをしっかりやっていきたいなって思います。」

冨山「新年明けて、自分のなかで決めたことが悔いのないようにってことです。コロナ禍でいつまたソフトができなくなるかわからないし、大会があるかもわからない中で、やっていかなきゃいけない。モチベーションの面でも難しかったりする。自分のソフト人生が最後っていうのもあるけど、やっぱり自分だけではなくて親とかも最後になる。少しでもいい結果を残せるように。チームとしても1つでも勝って、後輩たちに1つでも多くのことを残して。自分ができることを最大限に出して、どういう結果でもやってきてよかったと思えるように突っ走っていきたい。」


――山口は新三年生として

山口「4回生が純粋に最後の年を楽しくやってもらえるように。下級生がしっかりすることもそのための1つだと思う。下級生から上級生を盛り上げていけるようまとめていきたい。」


終始笑い声が響き、学年を超えた仲の良さが感じられる対談となった。そんな彼女らだが1つの目標に向け、心は熱く燃えている。まもなく開幕を迎える春季リーグ。関西王者奪還に向けた戦いが始まる。(片木香穂、和泉明日菜)

主将・西林渚

社会学部3年/安田女子高校出身(広島)

ポジション・捕手


冨山綾音

スポーツ健康科学部3年/神村学園高校出身(鹿児島)

ポジション・内野手


山口未葵

スポーツ健康科学部2年生/佐賀女子高校

ポジション・捕手

【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について