同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : 馬術部
主将セレクション「馬術部」

馬術部主将セレクション2021年を語る

後藤佳×幣内衣×長野

「今年こそ全日本優勝」

左から後藤(心理2)、幣内(同女3)、長野(商3)


―この2人を選んだ理由<o:p>

長野:1人(幣内)は全学に出れるような主戦メンバーということでもう1人(後藤)は一般生で障害のクラスに出れるくらいのレベルの部員ということで選びました。<o:p>

 

―馬術のおもしろさ<o:p>

幣内:主将からやって。<o:p>

 

長野:主将最後でいいよ。<o:p>

 

幣内:面白さって難しいんですけど、私は馬乗る時は私が出した合図に対して馬がどんな反応をしてくるのかっていうのを大切にしてて、やっぱりそれがコミュニケーションかなって思って。馬と仲良く練習できるのが1番面白いし、逆に失敗した時もコミュニケーションによって解決していくと思うのでそこが1番面白いなと思います。<o:p>

 

後藤:毎日の手入れとかで築いてきた馬との信頼関係で障害とか馬場とかするのが魅力かなと思います。<o:p>

 

長野:ちょっとかぶるんですけど、馬術ってオリンピックにもあるんですけどオリンピックの競技の中で生き物と人とでセットでする競技で。人だけコンディション良くてもダメだし逆に馬だけコンディション良くてもダメ。ってことで、道具とは違う馬という生き物と接しながら競技をするというのが魅力でもあり難しいところでもあると思います。そこをどう調整するかが面白いとこじゃないかなと思います。<o:p>

 

 

―代替わりをして変わったこと<o:p>

長野:聞きたいなぁ。<o:p>

 

幣内:まず2年生から<o:p>

 

後藤:え、<o:p>

 

長野:今後の対応変わってくるで(笑)<o:p>

 

後藤:今年は私ら一般生とか下級生の意見もすごく大事にしてくれてます。どの試合に出るかとか一緒に決めてくださってるので意見が言いやすいです。っていうと去年が言いにくかったみたいになっちゃう。(笑)いやでも、今年は言いやすいです。<o:p>

 

幣内:去年の主将、先輩たちの尊敬できるところはリーダーシップの力が強くて、自然と着いていかなきゃ!って思わせるぐらいの率先力があったところです。私たちは同期が5人いてそれぞれ意見が違ったりとかリーダーシップが取れるような人がいる感じじゃないのでやっぱりこれからはバシッと決めるところは決めないといけないなというところが今思っている課題です。でも逆に5人いるので後輩がそれぞれ喋りやすい人に喋りにいけてそれをまた同期で話し合いをしてというような、後輩の意見を汲み取りやすい体制になっているかなとは思います。<o:p>

 

長野:リーダーシップないらしい俺。<o:p>

 

幣内:そこだけ言うのは無しでしょ(笑)<o:p>

 

 

―オフシーズン強化したところ<o:p>

幣内:コロナで大会が無くても馬の状態はずっと保っていないといけないので、オフシーズンだからといって気を抜くのでは無くて。というか、大会があるかないかだけなのでオフシーズンという捉え方はしてないです。なので、いつ試合に出ても大丈夫なようにっていうのを常に考えながら練習してます。<o:p>

 

長野:オフシーズンといっても馬は運動していないといけない動物なので健康維持の運動。にプラスして人の練習という感じです。障害って飛ぶ時足で挟んで飛ぶもので、馬場も足の力が必要な競技なので足で挟む練習をしたりとか、馬の上でバランスを取る練習をしたりとか。あとは少なかったけどあった大会で見つけた課題の改善とかを重点的にしてたかなと思います。<o:p>

 

後藤:お二人と一緒です。<o:p>

 

長野:やば。(笑)<o:p>

 

 

―今年の抱負<o:p>

後藤:私は一般生で基礎もできてないので、一歩ずつ着実に進んで行けたらなと思っています。<o:p>

 

幣内:本当に私はリーダーシップがないので、みんながついてきてくれるような姿勢で頑張りたいと思っています。それの第一歩として、誰にでも明るく楽しく接して最後引退するときに笑顔で終われるように頑張りたいです。<o:p>

 

長野:え、そんな感じなん?俺あれかと思ってた。<o:p>

 

幣内:あれは主将が言うやつやん。<o:p>

 

長野:それはもちろん全日本優勝しかないです。優勝しか見えてないんで、そこに向かって全力で行きたいと思ってます。<o:p>

 

 

終始明るく終わったこの対談では、部員同士の強い信頼関係や馬術への情熱が感じられた。これから始まる春季リーグをはじめ、全日本優勝という目標への挑戦が始まる。<o:p>

 

〇プロフィール 

長野天祐<o:p>

同志社大学商学部3<o:p>

高田高校<o:p>

168cm<o:p>

 

幣内結衣<o:p>

同志社女子大学現代社会学部3<o:p>

京田辺シュタイナー学校<o:p>

155cm<o:p>

 

後藤未佳<o:p>

心理学部2回生<o:p>

同志社国際高等学校<o:p>

155cm<o:p>

 

【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について