同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : ボウリング部
主将セレクション「ボウリング部」

ボウリング部主将セレクション2021年を語る

新舎巳×木下輔×雨堤

「新たな目標へ」

左から新舎(スポ1)、木下(理工3)、雨堤(文情2)


―なぜこの2人を選んだか

木下:幹部ということで、新しいチームを引っ張っていってもらうという意味でこの2人を選びました。



―ボウリングの面白さ

新舎:お年寄りからちっちゃい子まで全世代誰でも楽しめるっていうのは魅力かなと思います。


雨堤:ボウリングを私は大学から始めて、まだ経験期間が短いんですけどやってもやってもわからないところがいっぱいあったりして、そこを突き詰められるところが面白いところかなと思います。


木下:ボウリングって小さい頃からやってる子ってあんまり多くなくて大学の試合でも大学生から始めた子が結構いるのでいい意味で競い合えると思います。



―ボウリングの難しさ

新舎:ボウリングってただ投げてピンに当てるだけって思うかもしれないんですけど、レーン上にオイルとか引いてあったり、投げる感覚とかも試合によってちがうし、それに合わせて投げていくところがボウリングの難しいところだと思います。


雨堤:いつも難しいなぁとしか思わないですね。逆に簡単だなと思うことがないです。


木下:もちろん体も疲れますけど、ゲーム中は色んなこと考えながらやるので頭の方が疲れます。あと、精神的にも。




―代替わりして変わったところ

新舎:変わりました?


木下:変わった?


雨堤:特には変わってない(笑)


新舎:去年はコロナ禍でみんなで揃って練習できないんで、そういう意味では一昨年と去年の差は大きいと思いますけど、去年と今年はメンバーもほとんど変わらないのでそのままです。




―コロナで苦労したこと

木下:やっぱりコミュニケーションですね。ボウリングってチーム戦もあるんで普段から見とかないといけないところとかもあって。あと、一回生とご飯とかも行けないですし、打ち解けるというか親睦を深めるのに時間がかかるって感じです。


―新チームになって見つかった課題

木下:なんかある?


新舎:僕ですか?(笑)えっと、部活がまだ全員集まった状態で全然できてないんでコミュニケーションが取れない。なのでチームの団結力ができてないと思います。そういう面が課題かなと思います。


雨堤:女子はなかなか揃う機会がなくて、新チームになってから全員で揃えたこと一回あるかないかぐらいなので、あまりみんなでコミュニケーション取れていなところが課題かなと思っています。


木下:コロナ禍なので、新歓ができないというところがちょっと人数が少ない理由にあって。そこはしんどいところがあります。




―オフシーズンで強化したところ、見えた課題

木下:一応12月まで試合はあったので、そこからの課題ですね。


新舎:やっぱり練習と試合じゃ緊張感も違うので、そういうところで精神面の課題はありますね。


雨堤:これまでに見つかった課題としては、チーム内でお互いにアドバイスとかあまりできていないところがあったので、声かけを意識したりそういうところを強化していけたらいいなと思っています。


木下:オフシーズンは、僕自身が(手首の)怪我をしていて去年あまり投げれなかったのでそこをどうカバーしながら投げれるかというのが個人的な課題でした。




―今年の抱負

新舎:今年の抱負はとりあえず部員が少ないのでなるべく部員を集めることです。あと大学選手権、全国大会の5人チーム戦女子はダブルスなんですけど、それでなるべく表彰台に立てるようにというのが抱負です。


雨堤:女子は今年来年新しく1年生が入ってくることも決まってて、ここ数年で1番女子部員が多くなる年なので、みんなで一致団結して優勝目指して行けたらいいかなと思います。


木下:去年の秋リーグ男女ともに優勝して、今年の春もリーグ戦があるのでまずそこ目標でいければなと思います。



昨年はコロナに苦しみながらも、関西優勝を果たした。練習では部員全員がそろうことが難しく、コミュニケーションがとりにくいなどの問題を抱えているが、これから始まる春季リーグ優勝に向け、選手たちは個々の力を磨き上げている。今年は新しい目標の大学選手権、全国大会の表彰台を狙う。

文責:橋本純



○プロフィール

主将

木下大輔

同志社大学理工学部3年

大阪府立岸和田高等学校

180cm


副将

新舎拓巳

同志社大学スポーツ健康科学部1年

岡山理科大附属高校

173cm


副将・女子部主将

雨堤啓

同志社大学文化情報学部2年

自由学園高等科

150cm

【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について