同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : ラクロス部
主将セレクション「女子ラクロス部」

女子ラクロス部主将セレクション2021年を語る

谷山×古田虹帆×橋本

「頂越」

左から古田、谷山、橋本


ーー最初に他己紹介をお願いします。

◯古田→谷山

古田「本年度キャプテンのりょうさんです。未経験者で入ってこられたんですけど、向上心の塊みたいな人です。私達が見てきた以外の影でも努力してらっしゃるのがわかるぐらい、試合や練習での成長のスピードがすごい人です。」


橋本「努力と背中で引っ張るキャプテン。」


一同「お〜(拍手)」


◯谷山→橋本

谷山「2回生の中でディフェンスリーダーをしてくれています。ネガティブで、上手いのに本当に自信がなくて、もっと自信もったらいいのになって個人的に思ってるけど、その分努力家で毎日の練習にとにかくひたむきに取り組む人で、本当に頑張り屋さんです。今結果が伴ってきてるなっていう期待の選手でもあります。」


◯橋本→古田

橋本「私からしたら5年目の仲で、個人的には1番話しやすくて頼りがいがある人。チームにとっては、冷静で周りを見れている感じで、みんなの変化とかみんなの話を全部受け入れてくれる心の広い人。だけど、ラクロスに真剣に向き合っていて、落ち着いて見えるけど中に秘めた熱量を一緒にいるとすごい感じて、刺激をもらえる人です。」


ーーお二人を対談相手に選ばれた理由を教えてください。

谷山「今3年生が就職期間で、一個下がチームを引っ張ってくれている中で、特に戦術リーダーとして2人が引っ張ってくれているので、選びました。」


ーー新チームの雰囲気や、全チームと変化したところはありますか?

谷山「チームとしては、これまで学生日本一ってところを目指してやってきたけど、ただ学生日本一を取ればいいんじゃなくて、1回生から4回生までの1人1人がどういうふうに取りたいのか、取った時にどうありたいのか、っていうのを追及していて、ベンチやフィールド、スタンド関係なく全員が同じ熱量で取り組んで、その結果が学生日本一になるということ。今年は例年以上に全員で学生日本一を目指してやっています。プレー外でも学生日本一に貢献できるところはたくさんあるから、学年関係なくチーム一丸となって日本一を目指していくっていうところが1番変えた部分ではあるかなと思います。」


ーー今年の注目選手を教えてください。

古田→岡崎真(政策2)

古田「春チームのキャプテンやってる子なんですけど、1回生の時からみんなで一緒に頑張ろうって言ってくれる人。さらに、今自分たちが引っ張るってなった時に色んな人を見て、一人一人に話しかけているのを最近見るし、めっちゃ変わった(変化した)人で。プレーでも努力しているのを感じるので、1回生の時から伸びてるし、これからも絶対伸びると思うからです。」


谷山→大久保(スポ3)

谷山「これまで3年間一緒にやってきて、同期の中でこれまで結果が出なくて、苦しんできた選手だけど、誰よりも自分の評価に対してまっすぐでこれまで諦めずにやってきたのを見てきたからこそ、最後の一年は何かやってくれるんじゃないかなと。今もすごく学生日本一に貢献する、上手くなるっていうのを姿でも声でもチームに体現してきてくれて、後輩にもいい影響を与えてくれている人なので、今年こそは試合で活躍して、同志社を勝利に導いてくれるプレーに期待したいです。」


橋本→長通(文2)

橋本「去年とかはあんまり試合に出れてなかったけど、上を見て成長してきているのを感じるし、ゴーリーというポジションに責任を持ちつつ誇りを持って取り組んでいる姿勢がすごい伝わるし、いてくれるだけでこのチームは大丈夫だって思えるぐらいの安心感を着実につけてきているなっているのを感じていて。自分自身が一緒にプレーするのが楽しいなって思える人。何があっても守ってくれるなって言う信頼感があるので、今年こそはきっと試合で大活躍してくれると信じてます。」


ーー今年度のチームの目標や、スローガンを教えてください。

谷山「スローガンは頂越を掲げていて、これまでも学生日本一を目指してやってきたけど1回もなったことがない中で、これまでの同志社、これまでの結果、これまでの自分をはるかに越えて、学生日本一を取るという意味があります。ただ単に学生日本一を掴むのではなくて、一人一人にとって最高の形で学生日本一を掴むと言う意味でスローガンを掲げてて、その上で目標は全員で学生日本一を取る、全員でって言うところにこだわってやっているのと、それを達成するために理念として掲げているのが、技術力、組織力、魅力を追求し続けるところで。技術力はプレー面、組織力は全員で。魅力っていうのは、誰からも応援される、愛されるチームになるように、関西ラクロスを牽引していけるようなチームになることを目標においています。」


ーー今年度の個人としての目標を教えてください。

古田「今年度の全学決勝でスタメンとして出るっていうのが目標です。今までリーグ戦に出たことがないので、自分の安定感っていうのを強みにしたいと思っています。」


谷山「自分は目標を2つおいていて。主将としての目標は、チーム全員にこのメンバーで日本一をとりたいって思わせるようなチームを作るのが目標で、仲間一人一人を好きでいられてこのチームで学生日本一を取るっていうのを試合に出てる人も出ていない人も一回生から4回生までの全員がそう思えたら同志社は日本一を取れると思うので、そう思わせるチームを作るっていうのが主将としての目標。

個人としては、プレーで学生日本一に自分が導けるくらいの技術力を持った選手になること。自分はATをやっていて、得点に絡めるポジションにいるからこそ、そこでしっかりと活躍してチームを勝利に導くぐらいの実力まで高めて、学生日本一に貢献したいと思います。」


橋本「全学でスタメンで出るようなチームの主力として出るのを目標に頑張ります。リーダーとしてまだまだ未熟なところが多くて、引っ張る立場の自分が引っ張られているところが多いので12月の時にはチームのリーダーに相応しい技量と周りを見る視野だったり統率能力をつけてチームを牽引していく1人になれるように頑張ります。」


ーーありがとうございました。


昨年度全国大会が中止となり、日本一という夢が断たれた彼女たち。託された夢を胸に、学年やポジション関係なく、チーム一丸となって目標達成へ挑む。今年こそ、全員で悲願の学生日本一を掴み取って欲しい。(聞き手・松久莉万)


◯プロフィール

谷山碧(たにやま・あおい/主将/スポーツ健康科学部3年)

古田七虹帆(ふるた・にじほ/経済学部2年)

橋本琴音(はしもと・ことね/心理学部2年)

【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について