同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : スピードスケート部
主将セレクション「スピードスケート部」

スピードスケート部主将セレクション2021年を語る

金澤ゆみ×遠藤×藤田

「一人一人の目標に向けて」


左から藤田、金澤、遠藤


ーー他己紹介をお願いします。

遠藤金澤

遠藤「新キャプテンの金澤先輩です。ふだんはおび先輩って呼んでるんですけど、なんでおびかっていう話は(笑)」

金澤「その話は置いといて(笑)」

遠藤「おびさんのいいところはなんかすごい周りを見えてるなって感じがしてます。なんかちょっと調子悪い日とか落ち込んでる人かあったら優しくしゃべってくれて。それがおびさんのいいところかなと思います。」

金澤「照れるなぁ」


金澤藤田

金澤「瑞希ちゃんは女子選手が学年で1人って中でもすごいがんばってて。かぶるんですけどやっぱり周りが見えてるなって思ってます。練習中に話してて夢中になっちゃたとしても瑞希ちゃんが練習始まるのを教えてくれたりとか、そういう風に周りへの配慮とかもすごいできる優しい子やし。んー真面目に練習してるのがすごい伝わってくるかな」


藤田遠藤

藤田「遠藤君はすごく努力家で練習中も最後まで一人で滑ってたりとか。んーなんか、筋トレとかも1人でやってたりするし、エネルギー量がすごくて。サッカーとかインターンとかも頑張ってるし、色んなことを頑張ってるのがすごいなと思います」

遠藤「ちょっと盛ってます(笑)」

金澤「よりどりみどりですよ」

一同「(笑)」


――2人を選んだ理由は

金澤「えーと。まぁ新2回生が3人いる中で選んだんですけど、ドウォンくんは一応経験者で。私もは大学から始めたので、今日は初心者同士の話をしようかなと思って選びました。」


――スピードスケートを始めたきっかけは

遠藤「僕は高校の時はサッカーをやってたんですけど、大学では個人競技で自分の力を試したいなと思ったときに、元々ローラースケートとスキーが好きだったので向いてるかなと思って始めてみました」

金澤「私も中高は6年間卓球をやってきたんですけど、もうそろそろいいかなと思って新しいことにチャレンジしたいなとおもって大学から。それで色々部活とか捜してて、そこでスピードスケートの新刊に行ったときに練習の見学にいって先輩が滑ってるの見て、自分もこんなかっこよく滑れるようになりたいなと思って入部しました」

藤田「高校の時はマネージャーをしてて、どちらかというとサポートする側だったんですけど。大学に入って新しいことをしたかっていうのと、初心者でも始められるスポーツをやりたいと思って選びました」


――昨年を振り返っての課題

金澤「個人としてはコロナの影響で先が見えない状況だったんですよ。その中でどうモチベーションを高めていくかとかそこらへんをどう組み立てていくかが課題だったんですけど。モチベーションが下がったときはサボりがちになってしまった部分もあって。これからまた一層練習に励みたいなと思います。」

遠藤「んー僕この1年間は1年生ってことで好きなように滑らしてもらってたんですけど。ゆーて1年後には僕らが幹部になるってことをわかってるんで、2シーズン目は全体のこと考えて練習できるようになったらいいなってのが今の課題ですね」

藤田「私も入部したのが12月くらいなので、まだ入ってそんなに時間がたってないので、早く周りを見て色んなことを2回生としてできるようになりたいなと思います。」

金澤「なんか後輩2人の回答がパーフェクトすぎて(笑)」

一同「(笑)」


――新チームの雰囲気

金澤「んーなんかやっぱり私たちの代と1個下の代は結構距離が近いというか、フレンドリーに接せてるなっていう気持ちがあって。距離的には離れないといけないけど心的には密に相談とか悩みとかあったら何でも聞けるようなそんなチームにしていきたいですね」


――新チームでの目標

金澤「部員一人一人の目標とか考えを尊重してやっていきたいなってのはあります。強制ではないけど悩んでることがあったらお尻たたいてあげたりできるような先輩後輩であったり、そういう部活にしていけたらなと思います。」


――個人での目標

遠藤「競技面では1周のラップをあと1秒、今シーズンで縮めたいなと思っていて。チーム的な話だと少しかぶるんですけど、来年幹部っていうのが見えてるんで。いざなったときに焦らずに済むようにいろんな大学の先輩との関係であったりだとかを築いていきたいなと思います」

金澤「技術面での目標ではスピードスケートってE級からAAA級まであるんですけど、私今B級で。A級にあがりたいなという目標があって、そのためにはもっと体力とか筋力っていう基礎的な部分から見直しが必要だなと思ってるので頑張りたいと思います。で、部活の目標としてはもっと威厳のある部長になるっていう(笑)まぁ冗談なんですけど(笑)やっぱまだ周りが見えてないところもあるので、あと何だっけな。先輩って細かく相談乗ってくれたりしてたんやな感動したのでそれを自分も後輩たちに受け継いでいけたらなと思います」

藤田「競技面ではまだ級を持ってないので、大会にでて級をとること。で、あとはもうちょっと毎回練習に来て、心も身体も弱いところがあるので鍛えて強くなりたいなと思ってます」


それぞれがチームのことを熱く考えていることが伺える対談となった。新主将金澤率いる新生スピードスケート部。4月からはオフシーズンになるが彼女らの目標は明確である。次の戦いに向けスタートはすでに切られた。

(聞き手:和泉明日菜)


○プロフィール

左から藤田、金澤、遠藤


主将・金澤あゆみ(社会学部3年)

同志社高校出身

好きな場所:ポカポカ晴れた日の鴨川沿いの芝生


遠藤勇(商学部2年)

滋賀県立守山高校出身

好きな場所:焼肉屋


藤田瑞希(法学部2年)

滋賀県立膳所高校出身

好きな場所:琵琶湖


【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について