同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : ボート部
主将セレクション「ボート部」

ボート部主将セレクション2021年を語る

福條×黒須×岡本

「全国優勝へ」



左から福條武琉(商2)、黒須脩太(経4)、岡本登(法3)



ーー向かって左側の人の他己紹介をお願いします。

岡本黒須

岡本「僕の左の人は主将の黒須脩太先輩なんですけど、練習中とかはストイックで背中で語る的な感じなんですけど、普段は後輩にいじられいじる優しい先輩だと思います。でも初心者でボートを初めて2年連続結果残してるのでほんまに凄い先輩だと思います。」


黒須福條

黒須「左の福條武琉君は高校からボートをやってて我が同志社大学のボート部に入ってくれたんですけど、普段は天然というかおっとりというかまったりしている感じなんですけど、練習に対する姿勢に生真面目さが滲み出ていて、一個一個の練習をしっかりやっているなっていうイメージがあるので、これからのボート部を引っ張ってくれる貴重な人材、2年生ですね。期待してます。」


服條岡本

服條「岡本登さんとはプライベートとか、練習じゃない時も結構関わって下さる事が多くて、今寮生活をしている中で同じ部屋で寝泊まりしてるんですけど、そこでも面倒を見てくれててすごい仲良くしてくれる先輩です。ボートに関してはボートのトレーニングのエルゴメーターっていう機械があるんですけど、それが部内でトップを走ってるんで、僕は高校からやってて僕の方が経験があるはずなんですけど負けてしまってるんで悔しいところもありますけど、尊敬してますね。あとは服を脱いだらすごいムキムキで(笑)登さんを表すって言ったらまず筋肉の話が上がってくるんじゃないかなと思います(笑)」


岡本「でも案外クレーバーな一面もありますね、脳筋ではないです。」



ーー2人を選んだ理由は

黒須「登を選んだのはこれからのボート部をトップとして引っ張っていく人材であるっていうのもありますし、後輩なんですけど正直僕がボート部の中で1番尊敬してる部分があって、練習に対する考え方というか一回一回の練習、誰にも負けないように誰よりも取り組んでますし、今日も記録測定があったんですけど、同期、先輩、後輩に負けないようにっていう負けん気の強い部分、自分の負けを決して許さないっていう部分が自分にとって勉強になるなってところがあるので本当に頼もしい後輩なので選ばせていただきました。武琉に関してもこれからのボート部を引っ張っていく存在っていうのもあって、僕の姿を見てほしいというか、僕の良い部分、悪い部分を上手く感じ取ってこれからのボート部を引っ張っていってほしいなっていうメッセージもあります。2人とも共通して練習に対して生真面目さが出ていて今のボート部に絶対的に必要な人材というか絶対的に必要な考え方を持っているので選ばせていただきました。」



ーー注目している選手は

岡本「僕は同期の落合航大(法3)です。僕自身、勉強はあんまりしないですけど、落合航大はボートの動画をずっと見たりして、自分の漕ぎに関して研究していて、そういうところでは教えてもらう事が多いので、トレーニングの面だけじゃなくてそういった陸での動画などを見ての研究がすごいなって思います。彼自身とても上手いですし、パワーもあるので一緒に切磋琢磨して頑張って行けたらいいなって思います。」


福條「僕は新3回生、登さん達の代に特にエルゴが速い方が4人いるんですけど、そこに期待しているのと憧れているじゃないですけど、この先一緒にやっていく上でそこに追いつきたいなって思っています。岡本登さんと小森一毅さん(経3)と落合航大さんと磯本迅汰さん(社3)っていう4名なんですけど、この4名は大学からボート始めた方で僕はまだ全然追いつけていないところが沢山あるんで尊敬しつつ後輩ですけど期待してますね。」


黒須「僕は同期なんですけど、今の女子主将の山本紗奈(社4)が今年の女子部を引っ張って行くキーマンかなって思ってて、彼女も2回生のシーズンだとか、3回生のシーズンで僕から見て苦労している部分が特に多かったなっていうのもあるんですけど、何より彼女は本当にストイックで、チーム1練習してますし、練習してない場所でも練習動画を見たりして、そもそも見てる回数の次元が違くてボートに対する考え方とかも、とにかくボートをやるって決めた時からのめり込んでて、ボートにかける熱量がボート部1熱くて、そういった部分で後輩達に見習ってほしいなってところがあるので、彼女が今シーズンしっかり活躍できるかどうか期待をしてますし、彼女が存在の覇気の仕方をチームに還元してくれるかで、僕ら4回生が抜けた後のボート部って結構変わってくるんじゃないかなって思ってるんでそう言った意味では彼女に期待していますね。」



ーーオフの日は何をしていますか

黒須「え、何してる?」


岡本「バイトですね(笑)Uber eatめっちゃします」


福條「え、運ぶ方ですか?」


岡本「違う違う、Uber eatをめっちゃ頼む」


(聞き手)何を頼むんですか?


岡本「ケンタッキーとか多いんですけど、この前はタピオカ頼みました(笑)」


黒須「なんか可愛いな(笑)」


岡本「案外タピオカ美味しいんですよ(笑)」


福條「僕はロードバイクが趣味なんで、京都に行ったり、近くにアウトレットモールがあるので自転車で行ったりしています。」


黒須「僕もバイトが多いところではあるんですけど、自分も買い物好きなんで特に家電とか、買わないんですけどずっと家電量販店にいれちゃう人なんでだいぶそこで時間潰しますね。」


岡本「お勧めの家電量販店は?」


黒須「やっぱヨドバシは安いんじゃないんか?もうちょっと笑えよ。」


岡本福條「すみません(笑)」



ーー最後に今年の目標・意気込みをお願いします。

福條「まずは去年の11月に1番大きな大会のインカレがあって、僕は4人乗りの船に乗っていたんですけどそこで優勝目指していたんですけど5位に終わっちゃったんで、後3回チャンスあるんでこの中で1回でも優勝できたらいいなって思ってます。個人的な目標としてはボートの中で世界大会とかアジア選手権ってのがあってそこに派遣される日本代表の選手があるんですけど、そこに行くためにはエルゴメーターってやつで記録出して、1人乗りとかの船に乗っても速くてやっと派遣されるんでけど、それも視野に入れてチームに貢献しつつ個人的な活躍もできていけたらいいなって思います。」


黒須「代表目指してたん?」


福條「一応。」


黒須「初耳や。」


岡本「僕は大学から始めたからっていうのは言い訳にならないと思いますし、経験者だから負けるっていのも癪なんで、目標を部内の中で一位とかじゃなくて、経験者の東京とかにいる奴らに負けんという気持ちでやっていって最終的には日本一とれたらいいなって思ってます。」


黒須「僕は今年のボート部が130周年記念の年なんで、そういった節目の年っていうのもありますし、男子の花形種目がエイトプラスっていう8人乗りの種目なんですけど、8人乗りの競技で日本一を最後のシーズンで獲りたいなっていうのが自分の中であって、しっかり8人乗りの競技で勝ち進んでいく事で、5年後10年後の同志社大学ボート部を考えたときにエイトで勝ち進んで行く事が同志社大学ボート部のアイデンティティを形成していくかなって思うので、そういった意味でもしっかりこれから入部してくれる後輩達のためにもまずはエイトプラスで結果を出して、同志社大学ボート部の名前を全国に響かせれたら良いなって思います。」

(聞き手:杉山舞、齋藤栄里花)


学年の垣根を超えて仲の良さが感じられた対談。一人一人のボートに対する熱い思いを語る姿が印象的であった。長い歴史を持つボート部。伝統を受け継ぎ、寮生活を通して全国優勝を目指し、日々精進していく。



主将:黒須脩太

経済学部4/真岡高等学校(栃木県)

17675

座右の銘:勝たなければ意味がない



岡本登

法学部3/海部高等学校(徳島県)

17474

座右の銘:へばった時に頑張ることを癖にしろ



福條武琉

商学部2/洲本高等学校(兵庫県)

18076

座右の銘:叩けよさらば開かれん



【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について