同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
令和3年度関西学生バドミン...
令和3年度関西学生バドミン...
主将セレクション「卓球部男子」
主将セレクション「卓球部女子」
関西シングルス優勝!リーグ...
快勝で幕開け
’21春 新入生歓迎号
ラグビー特集号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年4月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
主将セレクション2021 : 陸上ホッケー部
主将セレクション「陸上ホッケー部男子」

陸上ホッケー部男子主将セレクション 2021年を語る

岩本太郎×池田充×大河原

「心機一転」



左から池田、岩本、大河原



――他己紹介をお願いします。

大河原岩本

大河原「主将をやってて、僕も同じ初心者なんですけど初心者でやってはって・・・何言ったらいい?(笑)」


岩本「じゃあ俺の良いところ言ってよ。」


大河原「初心者やけど上手いこと。技術とかは教えてもらうこともあるし、主将としても同じ初心者としても尊敬する先輩です。」


岩本「先輩の中で何番目に尊敬してる?」


大河原「今の中やったら一番です(笑)これはガチ。」


岩本池田

岩本「まずは後輩の中で一番仕事ができる。断トツ。主将は仕事を結構任せられて、申請とかも出さないといけないけど、自分は就活があるから結構任せてて。ほぼ全部やってくれます。事務系の仕事は一時期9割5分ぐらいやってくれてました。ホッケーも上手いし真面目やから相談できる後輩かな。純粋にいいやつです。」


池田大河原

池田「キーパーも、最初フィールドプレーヤーやってて、ある事情があって急遽みたいな形になってやってくれてるんですけど、本当にキーパーやってくれててよかったなとすごく思いますし、プレーの一つ一つにしっかり意識を持ってやってくれるんで、すごくキーパーとして頼りがいがありますし、それでいて、失点した時とかにいじっても大丈夫というか。プライドが高すぎるとキーパーだけが独り立ちしたりもするんですけど、すごくいい雰囲気でやれてるのは河原のおかげ。同期として、河原がいなかったらきつかった。同期の中心にいるって感じです。」


――キャプテンはどうやって決まりますか?

池田「一個前のキャプテンがドタバタして急に辞めたので。」


岩本「その時に受け継いだので1年半ぐらいずっとやってる。去年の2月から急遽だったので・・・」


池田「あの時は話し合いとかなく早急に。流れのままみたいな感じでした。」


岩本「毎年は話し合いで決まるんですけど、雰囲気で大体いつも決まりますよね。いつも練習誰が仕切ってるかとか誰が真面目にやってるかとか先輩が見てるので。ちゃんとやってるやつが先輩に任されるって感じですね。僕もしっかりやってるから二人に任せました。」


――2020年を振り返って、どんな一年でしたか。

岩本「初めて2部優勝できたのはでかかったし、自分がキャプテンになって初めてできたことで、それがまず自分としては嬉しかった。あとは練習に向けてみんなが初めてちゃんとベクトルを揃えてやってくれたので、やりやすかったのかなという感じですね。あと練習していて楽しかったです。」


池田「コロナで新歓とかができなくて、本当はもっと部員数を増やしてやりたかったんですけど、できてないので、その部分は残念かなと思います。良かったのは秋のリーグで2部優勝できたこと。去年は入れ替え戦がなく、1部に上がるチャンスがなかったので、入れ替え戦が今年からあるみたいなので、そこはまた目指してやっていきたいかなと思います。」


岩本「キャプテンやん。目標まで言っちゃって(笑)」


池田「アトムの取材慣れてるから(笑)」


大河原「2020年は2019年の秋リーグで悔しい結果に終わってしまって、その結果を踏まえて春からまた頑張っていこうと思っていたんですけど、コロナという障害に阻まれて、前半は練習できなかったりして悔しかったりしました。でもそのもどかしさがあったからこそ秋にそれをぶつけれて、より強いチームで結束してできたかなって思います。ちゃんと優勝って結果もついてきたし、総じていいシーズンやったかなと思います。」


――リーグ優勝が去年の目標でしたか?

岩本「まずそうですね。二部優勝は一回もなかったので。僕は1位になりたかったです。」


――逆に達成できなかった目標はありますか?

池田「部員確保?」


岩本「部員がまず。これはホッケー部としてなんですけど。個人的には良い結果が出せて。去年は目の前のことを一生懸命やるだけやったし、先輩もいたので頼れるとこがあったのでがむしゃらにやっていただけですけど、今はチームのことばっかり考えたりしています。」


――新体制になって変化はありますか?

岩本「まじで去年の2月ぐらいからずっと僕が練習内容決めて、練習試合とってやっていたので体制自体はほとんど変わってないよな。メンバーだけです。」


池田「4回生の上手い人が抜けて、初心者の割合が増えた。だから今までできてたものが出来なかったりというものはあるかなと思います。」


岩本「練習とかね。やっぱり上級者やったらすぐ基礎練パパっとやって合わしたりするんですけど、初心者のメンバーも強化しないといけないので、前半とかに基礎練入れるようにはなりましたね。」


――チームの雰囲気とかはどんな感じですか?

大河原「今は正直優勝したってのもあって、若干ふわふわしているのかなと思います。せっかく1部あがれるチャンスが去年あったけど、コロナのせいで入れ替え戦なくていけなかったことに関しては悔しいので、もう一回ちゃんと引き締めて、1位で通過して、入れ替え戦まであがれるように、気持ちちゃんとしていかんとダメかなと思います。」


――お互いの強みを教えてください。

岩本「亮は負けたりしたら結構悔しがったり、やっぱり強い気持ちがある。なんでも前向きにとらえてくれるから、点数決められたら次は絶対止めないととか。練習中もキーパー以外のことでも一生懸命やってくれるので、そこはこいつのめっちゃ良いとこかなと思います。」


岩本「こいつ(池田)はやっぱり、さっきも言ったけど仕事ができるのがあって、信頼できる。俺がしろって言ったこと以外のこともしてくれたりするんで。ほんまに信用できますね。」


――逆に岩本さんの強みは?

池田「健太郎さんは・・・」


岩本「ありすぎてなあ(笑)」


池田「そうですね。頑固なんでわりと。言ったことを曲げないんでその点は信用して信じていけるというか。裏表ないのですごく信用できます。で、健太郎さんがいるからこそ初心者もやりやすいっていうのはあるかなと思いますし、その点はすごいなと思っています。」


――今年の注目選手はいらっしゃいますか。

岩本「やっぱ涼介(新井)かな。新しく入った新2回生の初心者の子なんですけど。注目選手というわけではないんですけど、伸び代が今すごいあるんで。」


池田「去年の11月?10月ぐらいに体験に来てくれて。だから始めて数ヶ月とか。一生懸命練習取り組んでやってくれていますし。もう部員数がいないんで、試合に出ざるをえない状況ではあるんですけど、なんかやってくれそうやなという感じはしています。」


岩本「練習きてるんで。かなり一生懸命。僕も一回生の時初心者やったんですけど、これぐらい一生懸命にしてたら、やっぱ先輩とかも出してくれてたんで、やっぱ何かしてくれるんじゃないかなという期待はあります。」


――今季の部として掲げている目標は?

池田「インカレじゃない?」


岩本「インカレやな。」


岩本「春リーグしか出場の獲得機会がないんです。だから春リーグでしか取れないのに、いつも3回生の就活もあってチームがまとまらないんで悪い結果なんですけど、今回はしっかり頑張りたいです。」


――最後に直近の試合に向けての意気込みを教えてください。

大河原「とりあえず初戦なので勢いつけたいっていうのはあって。まず自分がキーパーっていうのもあるし、無失点で終えて3点以上は取りたい。3-0以上で勝ちたいと思います。」


池田「僕は4-0で勝ちたいと思ってて。ユニフォームもみんな背番号変えて新しくするんで、心機一転頑張っていきたいなっていうのはあります。得点もできるチャンスがあればしたいなと思っています。」


岩本「絶対にこけない。初戦弱いので。絶対負けないこと。あとは僕の役割はみんなのモチベーション上げることなので、試合当日というよりも試合前とか試合始まるまでの意識を僕は大切にしたいかなと思います。試合前とかで遅刻したりとかした時は、立ち上がりとか悪いんで、そこはしっかり注意してやりたいと思います。」


――ありがとうございました。



【聞き手:大江可憐、伊藤千遥】



○プロフィール

岩本健太郎(スポーツ健康科学部4年)


池田利充(スポーツ健康科学部3年)


大河原亮(法学部3年)


【主将セレクション2021バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について