同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
7月のWEB企画 : 陸上ホッケー部
写真特集「男子陸上ホッケー部」

第37回

写真特集「男子陸上ホッケー部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

ボールが放たれ、走り出す瞬間

 

 

陸上ホッケー競技で必ず見ることになるセットプレー、それがペナルティーコーナー(PC)である。

ペナルティーコーナーは、シューティングサークルと呼ばれるゴール周辺の半円内で守備側が反則することにより、攻撃側に与えられるものだ。

ゴールライン上から攻撃の1人がボールを出し、それを一度半円の外に出したうえで攻撃を始める。したがって、このセットプレー権を得るということは大きな得点機会を得るということでもあり、非常に重要なポイントとなる。

 

 

ゴールキーパーだけでは止められない。皆で止めに行く

 

 

当然のことだが、逆に守備側となるチームには失点の危機となり、極めて緊張する場面となる。ボールそして敵の動きに集中し、何としてでもシュートをさせない、されても止めるという気概が必要となる。

今回は、これまで幾度となくこの危機を乗り越えてきた同志社の”PCでの守備”に焦点を当てて写真をお見せした。この緊張の瞬間を、是非試合会場で見て頂きたい。もちろん、攻撃となる同志社も見物である。(三村洋平)

 

 

全員の眼差しがボールに向けられる

 

 

 

 

【7月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について