同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'10秋の展望 : 水泳部
'10秋の展望「水泳部」

第3回

‘10秋の展望「水泳部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

いざインカレの舞台へ

 

9月3日~5日、いよいよインカレの大舞台を迎える水泳部。その前哨戦となったのが7月30日~8月1日にかけて行われた関西学生選手権水泳競技大会、通称関カレである。

関西で結果を残した選手たちのなかでも期待されているのが沖本凛太郎(商2)だ。沖本は関カレの400㍍個人メドレーにおいて優勝に輝くなど、素晴らしい結果を残してみせた。

 

 

400㍍個人メドレーで関西を制覇した沖本

 

 

また、100㍍自由形、100㍍バタフライともに惜しくも二位の成績だった大塚一平(経4)にも注目だ。4回生の大塚にとってインカレは最後の舞台。関カレでの結果にも「全く満足していない」と話し、次に控えるインカレへの強い思いをのぞかせた。

 

 

そして、最も注目すべき選手は昨年度インカレの覇者、宮部加奈子(スポ3)・パンパシフィック日本代表に選出され、世界の舞台を経験する杉野紘子(スポ1)の二人だ。宮部は800㍍自由形で昨年度の日本学生選手権(インカレ)を制しているのだが、現在フォーム改造に取り組んでおり、その成績は伸び悩んでいる。「インカレまでになんとか間に合わせたい」と、実績があるだけに期待の高まる選手である。また、杉野は200㍍バタフライで社会人も含めた全国2位の成績を納め、現在はパンパシフィック世界大会に向けて練習を重ねている。この黄金ルーキーの活躍からも目が離せない。

 

 

笑顔で写真に写るDUSのメンバーたち、チーム一丸となってさらなる高みを目指す

 

 

今年の決戦の舞台は東京辰巳国際水泳場。その大学水泳最高の試合で、最高のパフォーマンスを出し切れるように努力を重ねる部員たち。その手で栄光を掴み取れ!(田中将大)

 

 

 

【'10秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について