同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'10秋の展望 : 硬式野球部
'10秋の展望「硬式野球部」

第6回

'10秋の展望「硬式野球部」

 

〈企画概要は第0回のページをご覧ください〉

 

 

春秋連覇へ

 

今季も活躍が期待される藤井(法4)

 

春リーグ戦において37年ぶりにリーグ優勝を果たした硬式野球部。春秋連覇を狙う今季も投手を中心とした守り勝つ野球で勝利を目指していく。

春優勝の原動力となった投手陣は今季も藤井と平川(社3)の2本柱の活躍が期待される。1年生の時からチームを支えてきた藤井にとってもラストシーズン。春に最優秀防御率に輝いた平川は他校のマークが厳しくなることが予想されるので、平川にとっても真価の問われるシーズンとなる。
連覇のカギとなるのはやはり打線のさらなるパワーアップだろう。昨季は好投手に対して苦戦する場面が目立ち、得点力不足の改善は急務だ。リーグ屈指の投手陣を有しているだけに、得点力アップができれば連覇の可能性は大きくなってくる。
次にリーグ全体を見渡してみると、どのチームも優勝する実力を持っている。近大は中後と武内の2枚看板と強豪ならではの試合巧者ぶりを発揮し、最大のライバルとなるだろう。昨季連勝で下した関大も不気味な存在であり、油断は決してできない。リーグ連覇を果たし、神宮でのリベンジを果たすためにはまずは目の前の一勝はしっかり取っていかなくてはいけない。(永沢徹平)

【'10秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について