同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'10秋の展望 : テニス部
'10秋の展望「テニス部」

第7回

'10秋の展望「テニス部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

それぞれの目標へ

 

 

今年も同志社テニス部にリーグ戦の時季がやってくる。

 

 

昨年、男子はポイント差で近大に競り負け、関西3位に留まった。王座進出を果たせるのは上位2校であるため、悔しさの残る結果である。しかし、今年の男子はきっとその悔しさを晴らしてくれるだろう。
現在行われている関西学生テニス選手権大会では、シングルスで3人がベスト8以上に残るなど、実力、勢い共に好調。一年生も大勢入り、選手の層も厚くなっている。インカレ出場も決まっている浦上(スポ1)は、一年生ながら準々決勝までコマを進め、今後の成長にも期待が掛かる。

 

迫力あふれるプレーを見せる浦上(スポ1)

 

 

そんな新戦力の加わったチームを、佐野主将(商4)はその実力と結果をもって支えている。

リーグメンバーになること、そして王座に進出することを目指し、全員が日々暑い中練習に励む。

 

安定した力でチームの柱となる佐野主将(商4)

 

 

一方で2部で優勝するも、入れ替え戦において立命館に敗れ2部残留に甘んじた女子。来年の王座進出に挑戦するために、何としてでも1部昇格を決めたいところだ。

各学年に主力となり得る選手がそろう女子。シングルス、ダブルス共にインカレ出場を決めた幸田主将(社4)が、チームを引きしめ、まとめている。リーグでの善戦も大いに期待できるだろう。

 

女子を引っ張る幸田主将(社4)

 

 

男子は王座進出、女子は一部昇格と、ともに明確な目標を掲げている。
毎日の練習と試合で鍛え上げられている彼ら。その瞳にはゴールへ到達するための熱い闘志が漲っている。(吉田優香)

【'10秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について