同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'10秋の展望 : バレーボール部
'10秋の展望「バレーボール部」

第15回

'10秋の展望「バレーボール部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

実りの秋へ…

 

1部昇格を期待され臨んだ春季リーグだったが、結果は4勝6敗の6位。攻守共に重要な役割を担うチームの大黒柱・松本(商3)が体調不良で2試合を欠場したことも響き、不本意な結果となってしまった。

 

 

 

エースとして奮闘する松本(写真中央)

 

 

春季リーグで見えた課題は「安定感」だ。4年生がわずかに2人しかいない若いチームは、勢いに乗れば止まらないが、調子の波が大きい。悪い流れを切ることができず、連続失点を続けてしまうという場面も多く、メンタルの弱さが目立っていた。しかし今季は、秋までに積んだチームとしての経験が”試合運び”にも表れ、成長したところを見せてくれるだろう。

 

注目の選手は、2年生の相原(スポ健2)。スーパーエースのポジョンも板につき始め、その存在感は高まる一方だ。彼が活躍することで、攻撃面で松本の負担が軽減され、チーム全体のレベルを押し上げる。そしてもう1人、1年生ながらセンターのレギュラーに定着した新飼(商1)。セッターの竹岡主将(文情4)とのコンビネーションに磨きがかかったクイック攻撃は相手チームの脅威となるだろう。


秋の目標もやはり1部昇格。夏を越え、成熟度を増したチームワークで1部昇格への階段を一気に駆け上がる。(小寺裕太)

【'10秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について