同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'10秋の展望 : 弓道部
'10秋の展望「弓道部」

第37回

'10秋の展望「弓道部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

勝負のリーグ戦

 

男女ともに二部Aリーグに所属している同志社大学弓道部。一部リーグ昇格を最大の目標として掲げ、ここまで歩んできた。その昇格に向けたチャレンジの場が19日から始まる関西リーグ戦である。


公式戦での個人戦の決勝進出者は多く、更に今年も入賞者も出すなど選手一人一人の持つ能力、そして選手層は一部リーグの大学にも劣らない。だが、「個人の力があっても団体で勝たないといけない」(阿部主将・社4)。あくまで団体戦での成績、ひいてはチーム全体の力を上げること、そこに尽力してきた。部の悲願である一部昇格には団体戦で戦うリーグ戦で勝たなければならないからだ。

 

リーグ戦は5校による総当たり戦で行われ、さらに順位決定戦、そして最上位と最下位は入れ替え戦が待っている。一部昇格には、まずはリーグ戦を一位で通過しなければならない。とはいえ、同じリーグの他4校も一位通過を決めてもおかしくないほど実力は伯仲している。接戦は必至で、数本差での決着も大いにありえるだろう。

 

 

チーム全体がまとまってこそ勝利が見えてくる

 

 

団体戦は4人が一定数の行射を一気に行うため、中るにせよ外れるにせよ個人戦よりも流れが生じやすい。「チーム全体で勝てるようにします」と主将は言い続けてきた。悪い流れはすぐに断ち切れるように、全員でカバーしていけるようなチームを目指してきた。その方針にブレは一切ない。阿部主将率いる2010年の同志社大学弓道部の本当の戦いがいよいよ始まる。(本誌弓道部担当)

【'10秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について