同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'10秋の展望 : アーチェリー部
‘10秋の展望「アーチェリー部男子」

第41回
’10秋の展望「アーチェリー部男子」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

底上げ

 

8月に行われた関西学生アーチェリーターゲット選手権大会。
優勝目指し挑んだ同志社だったが、結果はまさかの関西4位。
今大会の上位3位までが9月開催のA.J.S.A.F.cupの出場権を得られるのだ。
新チームでの初めての団体戦。「同志社は強いんだというところを見せつける」(土岐主将・経3)と意気込んで臨んだが、
出鼻を挫かれ幸先の良いスタートは切ることができなかった。

昨年度をふり返って、「同志社は基礎的な力が足りないと感じた」(土岐)。
強豪校・近大や日体大、その他多くの大学と試合を重ねてきて見えた課題である。
これからはもっと基礎的な練習を増やし、部員全員の能力の底上げを図る。
アーチェリーで重要なことは、常に同じリズムで同じフォームで射つこと。
8月に田辺で行われた夏合宿でも、基礎的な練習を中心に技術力アップに取り組んだ。

 

50周年式典で今年度の抱負を語る土岐主将

 


秋リーグはなく、ここからは国体などの個人戦が続く。
オリンピックの代表選考がかかった試合もあり、気は抜いていられない。
基礎の基礎から固めていく。この秋の収穫を祝える日が訪れるまで、同
志社アーチャーの挑戦は続く。(野呂朋未)

【'10秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について