同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
10月のWEB企画 : テニス部
自画自賛「テニス部 浦上武大」

第6回

自画自賛「テニス部 浦上武大

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

勝利へつながる叫び

 

 

同志社テニス部男子、1年生ながらはっきりとその頭角を現しているのが、浦上武大(スポ1)。「単複インカレ出場!リーグメンバーに入る!」入部当初に掲げた目標を、早くも実現。関西学生テニス選手権大会ではベスト8入りを果たすなど、著しい成長を見せている。


その高い背丈を最大限に使って放たれる、豪快でパワフルなショットが持ち味。一度エンジンがかかると、相手を寄せ付けない強さを見せる。とにかく速く力強いテニスは、見ている側も気持ちよさを感じるほどだ。

 

渾身の力を込めてショットを放つ

 


そんな浦上はプレー以外でもその存在感を示している。ポイントを決めたとき、多くのテニス選手は「カモン!」と言って喜びを表す。そのトーンや大きさは選手によって、状況によって様々だが、浦上はこの声までもが豪快だ。

 

ガッツポーズとともに喜びを表す

 


本調子になるまでは少し時間がかかる。良いプレーが出るようになると、どんどん声も大きくなり、自分のペースをつかんでいくのだ。
「カモン!」
「おっしゃー!」
「来いやー!」
その声はもはや雄叫び。テニスの試合は同時に複数のコートでゲームが行われるのが常である。全員の戦いを最初から最後まで見るのはなかなか難しい。しかし別の選手を応援している時でも、この声が聞こえている内は安心だ。
「気持ちが出る」、「自分に喝を入れるため」。様々な思いがこもった叫びは、彼のプレーをさらに勢いづける。そしてこの声の数だけ、勝利に近づくのだ。

 

気合い溢れる声がコートに響く

 


これからまだまだ伸び盛りの浦上。同志社テニス部の中心選手になっていくのは間違いないだろう。迫力溢れるプレーと声は部全体をも盛り立て、大きな推進力となっているはずだ。(吉田優香)

【10月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について