同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
10月のWEB企画 : アーチェリー部
自画自賛「アーチェリー部」

今回は9月に中国にて行われた世界学生アーチェリーで見事銅メダルに輝いた足立選手の紹介です。今回は足立は今年メキメキと力をつけ、見事代表入り。万を時して金メダル獲得に挑んだものの、惜しくも銅メダル。しかしすごい結果を残してくれました。そして今回取材をさせていただきました。

<?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" /><?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" /><o:p> 

――銅メダルでしたが
「団体は金メダルを狙ってたんですけど、準決勝で台湾に一本差で負けました。悔しかったんですけど三位決定戦のポーランド戦では切り替えて挑みました。
ポーランド戦では出だし持って行かれてしまったんですが、あとあと日本のペースになりました。悔しかったけどメダルは取りたかったので、初めて世界の表彰台に立てたのは嬉しかったです。でも目の前で男子が金メダルだったので、一番上に立ちたかったという思いはありました」。

――世界の人と対戦して
「楽しかったです。予選ではめちゃくちゃ緊張しました。体の芯から震えてた感じで。でも、自分が好きでアーチェリーをやっているのを世界の舞台で改めて感じました。
あと最初は日本代表になれたことに満足してたけど、世界のトップを見てまだまだだなと感じました。また鍛え上げて本気で戦えるほどの選手になりたいと思いました」。

――世界の舞台で成長したなと感じたことは

「去年の自分では緊張したら点数が落ちました。大崩れしやすかったり。
今回世界で緊張してるのはわかったけど、それでも最低限の点数を保てるようになりました。むしろ緊張した方が当てれるようになったくらいです。その部分は日本代表の人たちにも褒めていただいて自信になりました」。

――これからの目標を
「まずは全日で優勝したいです。来年も世界の選考会があるので日本代表になりたいです。団体ではもちろん王座優勝します。」<o:p>

<o:p> 

<o:p> 

練習中にもかかわらず、嫌な顔をせず元気に受け答えしてくださった足立選手。来年も世界で期待がかかると同時に、同志社としても大きな結果を残してくれるに違いありません。今後の更なる活躍に期待しましょう。(明本 斉)

【10月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について