同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
11月のWEB企画 : アイスホッケー部
観戦記「アイスホッケー部」

第22回

観戦記「アイスホッケー部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

今年、5月から6月にかけて行われた関西カップをかわぎりに幕を開けた同志社アイスホッケーチームの2010-2011シーズン。ここ数年、関西王者に君臨し続けている関大の牙城を崩すこと。そして、再び関西の頂点に返り咲くことを目標に始動した。さらに、今年の関西ではライバルの立命館や徐々に力をつけてきている関学の台頭により、実力の拮抗してきているこの2チームとの熾烈な戦いが繰り広げられた。

 


新チームになってから初めての試合となった関西カップ。公式戦ではなかったものの、今シーズンを占う大切な大会となった。関西で頭ひとつ抜けた力を誇る関大は全勝優勝を果たす。一方の同志社は、立命館・関学との対戦成績をともに1勝1敗で終えたことが響き、得失点差でかろうじて2位で今大会を終えた。

 


そして、6月に行われた関西インカレ。準決勝で立命館を破った同志社は、決勝で関大と対戦することになった。立ち上がりに課題を持つ同志社だったが、この試合では第2ピリオドに1点を失うも強力な攻撃陣を擁する関大相手に最少失点で乗り切り、GWSにまで持ち込んだ。結果的に敗れはしたものの、2010年の関大との対戦の中で、もっとも王者を追い詰めた試合となった。

 


9月には北海道苫小牧市で合宿と大学交流戦を行ない、関東勢との対戦の中で手ごたえを得るなど、経験を積む。そうして迎えた今年度の関西で行われる最後の大会となったリーグ戦。初戦の立命館戦では危なげなく勝利を収めるも、その後はケガ人が続出するなど満身創痍の闘いが続き、順位決定プレーオフでは本来の実力を発揮できずに関大、関学に敗戦。今リーグを3位で終えることに。これで今季は来年1月に迫ったインカレを残すのみとなった。今シーズンを良い形で締めくくるために同志社アイスホッケーチームにはぜひ全国の舞台で躍動してほしい。

 


最後になったが、アイスホッケー部の担当になり早1年、初めて観戦した瞬間からこのスポーツが好きになった。また1年間、同志社のアイスホッケー部に関わってきたことで、日本ではまだまだマイナースポーツであるアイスホッケーの実情や大学からの十分な支援がないことなど、様々な問題に考えさせられる機会を得ることができた。来年度も引き続き担当することになるので、この競技の魅力をもっと広く届けられるように努力していきたい。(中西 創)

【11月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について