同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
11月のWEB企画 : 射撃部
観戦記「射撃部」

第25回

観戦記「射撃部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

「創部以来最高の盛り上がりを」(徳田主将・法4)。2010年は射撃部にとって思いを込めて挑んだシーズンだった。その思いは春の旋風や橋爪(スポ3)の躍進で達成された一方、秋以降はやや悔しさの残るものになった。

 


5月の春季全関西で、男子が6754点でライバルの立命館と関大を振り切り、5年ぶりに総合団体を制覇。個人でも10mS60では岩崎(心理2)が、50m3×40では橋爪がそれぞれ優勝を果たし、まさに旋風を巻き起こした大会だった。「僕らの代で(総合団体優勝を)実現できてよかったし、誇りになった」(橋爪)と笑顔で締めくくった。

 

 


男子総合団体制覇のメンバー。左から梁川(やながわ・経3)、橋爪(スポ3)、岩崎(心理2)

 


そして迎えた全国の舞台・選抜インカレでは橋爪が魅せる。10mS60で1位まで僅か0.7点差に迫る2位。1位に与えられる日本代表の権利には届かず「悔しい」(橋爪)と振り返ったものの、昨年の25位からの大躍進で成長ぶりを見せた。一方、優勝候補にもあげられていた岩崎はこの種目580点で10位。「満足感は全然ない」と肩を落とした。

 

 


10mS60で、全国2位に輝いた橋爪(スポ2)

 


上半期を上々の成績で折り返した射撃部。しかし、秋以降は思うような成績を残せなかった。秋季全関西では男子総合団体1位の座を立命館に明け渡し、個人でも無冠。その後のインカレでは上半期ケガで離脱していた女子の小林(商3)が6位。また男子が総合団体4位(6804点)という結果だった。

 


この一年、射撃の取材をさせてもらい、射撃というスポーツは『瞬間、瞬間の集中の積み重ね』だと感じた。ミスをした後でも、すぐに次の弾に集中しなければならない。決して派手なスポーツではないかもしれないが、精神面の強さがそのまま反映される繊細なスポーツ。研ぎ澄まされた集中力で栄冠を勝ちとっていく彼らの姿は凛々しく、輝いていた。こんなスポーツもあるということを、そしてその舞台で活躍する同志社ヒロスがいることを、担当になり、初めて知った。来季、主将には橋爪が就任する。今年味わった悔しさはバネに、そして嬉しさは自信にして、励んでもらいたい。(亀岡雅俊)

 

 

★今年の射撃部・主な戦績

春季全関西@能勢
<男子総合団体>
優勝(6754点)
橋爪、岩崎、梁川
<10mS60>
岩崎 優勝(591+100.4点)
橋爪 2位(589+101.9点)
<50m3×40>
橋爪 優勝(1130+99点)


西日本@能勢
<10mS60>
橋爪 優勝(584+100.1点)
岩崎 2位(583+97.8点)


選抜インカレ@能勢
<男子総合団体>
5位(6762点)
橋爪、岩崎、梁川
<10mS60>
橋爪 2位(585+101.1点)


秋季全関西@能勢
<男子総合団体>
2位(6766点)
橋爪、岩崎、梁川
<10mS60>
橋爪 2位(589+102.0点)
岩崎 3位(588+102.8点)
<50m3×40>
橋爪 3位(1124+95.2点)
<50m3×20>
小林 5位(558+94.5点)


インカレ@長瀞
<男子総合団体>
4位(6804点)
橋爪、岩崎、梁川
<50m3×40>
橋爪 7位(1129+94.7点)
<50m3×20>
小林 6位(563+95.0点)

【11月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について