同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
12月のWEB企画 : 陸上ホッケー部
注目選手「男子陸上ホッケー部 北林一浩」

第7回

注目選手「男子陸上ホッケー部 北林一浩(法1)」

 

<企画概要は第0回ページをご覧ください>

 

 

走れる初心者キーパー

 

 

男子陸上ホッケーからは、主将も一押しの男、北林にスポットライトを当てた。陸上ホッケーを始めたのは大学からだが、高校はラグビー部をしており体力には自信があった。50mは6.2秒の俊足、ベンチブレスは100kgを誇るスポーツ万能だ。入部のきっかけは、友達に誘われて見学し、「人数が少なくて、活躍できると思ったから」だそうだ。

 


入部当時はホッケー独特の慣れない動きにとまどい、「センスがなかった」と悩んでいた。そんな時、先輩に「キーパーをやってみたら」と勧められて始めた。ホッケーはフィールドプレーヤーとキーパーの2つのポジションがある。最初は「しかたなくやってみるか」と軽い気持ちで始めてみた。だが、これが功を奏したのか。みるみる力を発揮し「あいつは才能の塊や」(高橋・生命1)と周りが一目置くほどの存在に成長した。

 

 

キーパーの目線から試合の状況を見つめる

 

 

相手のセットプレーに備える

 

 

キーパーについて「ミスで勝敗を分けるから責任のある大事なポジション」と語る北林。私たちは普段“外からのホッケー”しか見ることができない。“キーパー目線からのホッケー”について聞いてみると、「守るときはチームが一丸となって守ってくれている」と笑顔で答えてくれた。

 


2部に転落してからは、近年ギリギリ2部残留が続く男子陸上ホッケー。毎試合人数不足で助っ人を呼んだり、経験者の4年生が引退するなど依然苦しい状況が続く。そんな中でも北林の好セーブでチームを危機から何度も救った。「今年はあっという間だった。来年は無失点で上を目指したい」と前を見据える北林の表情は明るい。北林がチームの頼れる守護神となって同志社を1部昇格に導く日はそう遠くはないだろう。(射場本 綾)

 

 


相手のシュートを足で防ぐ

 

 

試合後のミーティング(中央) 来年こそ1部昇格を目指す

 

 

【12月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について