同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
12月のWEB企画 : バレーボール部
注目選手「バレーボール部 松本隆介」

第14回
注目選手「バレーボール部 松本隆介(商3)」


<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

『チームを支える』真の柱へ


「ミスを恐れずに思い切りプレーすることが持ち味」。バレーボール部の注目選手は、チームの大黒柱・松本だ。高校時代は春高バレーにも出場し、同志社入学後も1年からレギュラーとして試合に出て、2部リーグの新人王を取った実績の持ち主。攻守にわたってチーム一の安定感を誇り、特に強烈なジャンプサーブは、幾度となくチームに流れをもたらしてきた。

 

 

高い地点から強烈なジャンプサーブを打つ松本(商3)

 

 

今年のチームは1、2年生が多く、勢いに乗ることができれば連続得点を挙げるが、ミスから悪い流れを引きずってしまうことが多かった。フルセットにもつれ込むことも多く、序盤から自分たちのペースに持ち込むことができない。「『あと1点』を取ることができなかった」と自ら課題を痛感した。それでも、体格面で他大学に劣る分は速攻プレーを使ったコンビバレーでの攻撃や的確なサーブカットを心がけるなど、今年のメンバーならではのバレーで勝負。その中で、エースとしてどんなプレーでも常に中心で下級生を引っ張る松本の姿は大きな存在感を放っていた。

 

 

来年は最上級生になる。「来季の目標は『全勝で1部昇格』。若いチームなので、自分たち最上級生が支えていきたい」。今季、上位リーグに進出するも1部昇格には届かなかった。目標通り全勝すれば、文句なしの自動昇格を決めることができる。来季は主将になることも決定している松本。次シーズンではプレーを支える柱から、チーム全体を支える真の大黒柱へとなることが求められる。「みんなでつないできたボールを絶対に決める」。まだまだ発展途上で、無限に成長の可能性を秘めた同志社バレーボール部。厳しい冬を越え、チームとともに松本自身さらなる進化を遂げろ!!(大久保南)

【12月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について