同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
12月のWEB企画 : テニス部
注目選手「テニス部 木村剛典」

第29回

注目選手「テニス部 木村剛典(スポ3)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

さらなる飛躍を

 

夏の関西大会で頂点に上り詰めた佐野前主将(商4)。しかしながら彼の率いるチームは、関西リーグで納得のいく結果を残すことはできなかった。王座進出を目標に掲げて互いに切磋琢磨し合ってきた。その彼らに突き付けられたのはまさかの関西5位、そして入れ替え戦。降格は避けられたものの、この現実はあまりに厳しいものだった。

 

 

佐野が引退した今、新体制を引っ張るのは木村主将。2010年前半、本戦出場は果たすものの、なかなか勝ち上がることができなかった。しかし、飛躍を見せる。前主将の佐野が優勝した同じ大会で初のベスト4入りを果たした。勝ちたいという強い気持ちがプレーにつながり、それが自信をもたらす。気迫に満ちた彼のテニスは、彼を準決勝の舞台まで導いた。これまでの努力と、粘り強い精神が彼の強さを最大限に引き出した瞬間である。

 

 

気迫のプレーで力を見せた木村主将(スポ3)

 

 

しかし、来年度再び王座を目標として戦うのであればこのままではいけない。夏に決勝へ進めなかった大きな原因は多発したミス。リーグ戦でも、白星は少なかった。体力、精神力ともに鍛え上げなければこれ以上先へ進むことはできない。前主将を超え、チーム全員で夢の舞台に立つために彼が担う役割は大きい。まずは今年度の最後に行われる関西大会でその成長を見せてほしい。そして来年度、強い同志社を作ってくれるはずだ。(吉田優香)

【12月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について