同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
12月のWEB企画 : 硬式野球部
注目選手「硬式野球部 中谷良也」

第32回

注目選手「硬式野球部 中谷良也(法1)」

 

<企画概要は第0回ページをご覧ください>

 

 

さらなる飛躍へ

 

先輩の生島(商3)、森川(商2)らと同じ名門大阪桐蔭高校出身。高校時代は2年夏に甲子園優勝を経験、3年時には主将で4番も務めた中谷。大きな期待を背負い、鳴り物入りで同志社野球部に入部した。春先のオープン戦からスタメンで試合に出場し、春季リーグからレギュラー奪取かと思われた矢先、中谷を悲劇が襲う。交通事故により肩を骨折。春のシーズンを棒に振った。一方で、チームは13季ぶりにリーグを制覇、神宮出場を果たす。チームとは対照的に、春は我慢のシーズンとなった。

 


さわやかな笑顔でキャッチボールをする中谷

 

 

骨折が完治した秋季リーグ、中谷の名がスタメンに刻まれた。「打ってほしい時に打ってくれる。春から早く使いたくてしょうがなかった」(小玉監督)。監督が話す通り、中谷はチャンスでしぶとい打撃を連発、シーズン途中からは3番レフトに定着し、打率4割1分9厘で首位打者を獲得、ベストナインにも選ばれた。さらにチームも、神宮出場は果たせなかったものの、37年ぶりに春秋リーグ連覇を成し遂げ、充実したシーズンとなった。

 


広角に打てるしぶとい打撃が持ち味

 

 

「来年は自分が打線を引っ張っていくぐらいの気持ちでいきたい」来季への意気込みをそう語ってくれた中谷。2011年、チームの中軸となった彼のさらなる飛躍に注目だ。(井上真一)

【12月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について