同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
12月のWEB企画 : スピードスケート部
注目選手「スピードスケート部 伊藤恭平」

第35回

注目選手「スピードスケート部 伊藤恭平(理工2)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

チームの中心選手

 

浅田真央など、スケート会の大物選手を次々と輩出しているスケート所・愛知。今回紹介するスピードスケート部・伊藤恭平も「地元のスケート教室で滑り始めた」とごく自然にスケートを始めた一人だ。

 

 

「自分の強みは」という問いに対して「経験」とシンプルに語った伊藤。高校時代は全日本ジュニアショートトラックスピードスケート選手権大会に出場するなど実績は十分だ。大学からスピードスケートをはじめる選手が多い同志社において彼のような経験者の存在は大きい。2年生ながら主将とともにチームを支える大きな存在だ。

 

 

3月の選抜大会において36位以内という目標を掲げる伊藤。オフシーズンの間は陸上競技で基礎トレーニング、また冬場の間はリンクで充分な研鑽を積んできた。それだけに留まらず、伊藤はさらに大きな目標を掲げる。「もっと多くの人にスピードスケート、ショートトラックを知ってほしい」。確かに、高木美穂の活躍などでスピードスケートの知名度は上がりつつある。だが、伊藤と専門種目であるショートトラックはロングトラックに比べ、まだ知られた分野とは言い難い。自らの目標とショートトラック知名度向上をかけて――。伊藤の挑戦が始まる。(中村洋輝)

【12月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について