同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
12月のWEB企画 : 陸上競技部
注目選手「陸上競技部 安藤太一」

第37回

注目選手「陸上競技部 安藤太一(商2)」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

復活したジャンパー

 

陸上競技には大きく、トラックとフィールドに分かれる。今回は跳躍パートから安藤太一に注目した。中・高校から陸上一筋。部活内ではムードメーカーであり常にまわりを明るくする安藤。「あいつはほんとおもしろい」(荒川・商2)とチームメイトからもよく親しまれている。だが、練習中は無心で強気に跳ぶONとOFFの切り替えはしっかりしているそうだ。

 

 

今年の春、本人は「絶好調だった」と迎えたシーズン初戦。だが直前に大けがをおってしまう。だが、負けずにそこから黙々とリハビリに励んで、10月に迎えた復帰戦。いきなり自己ベスト15m39cmを跳んだ。「春の時に跳んでいたらもっと跳べた」と悔やむ一方「自己ベストを更新できてよかった」と笑顔で振り返ってくれた。

 

 

1cmでも遠くへ

 

 

来年の目標について聞くと、「関カレ優勝して、15m後半を常に出す。そして全カレ入賞を目指す」とまっすぐ前だけを見据えた安藤。復活したジャンパーは来年更なる飛躍を遂げてくれるはずだ。(射場本 綾)

【12月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について