同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : 陸上ホッケー部
同志社HEROESの魅力「女子陸上ホッケー部」

第3回

同志社HEROESの魅力「女子陸上ホッケー部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

同志社の陸上ホッケー部に女子部ができたのは2006年。まだわずか5年の年月を経ただけである。しかし、歴史こそ浅いもののその5年間の内容は濃い。人数を揃えるところから始まり、創部5年目となった2010年は初の全日本大学王座決定戦に出場。見事1回戦を突破しベスト8に輝いた。

 

 

そんな女子陸上ホッケー部の特徴は経験者がほとんどいないことである。現主将の帰山(スポ3)もスポーツ経験はあるものの、ホッケーは大学から始めた。もちろん、初心者が多いことで経験者揃いのチームとは実力差もある。授業などで全員が集まるのも簡単ではなく、練習環境も決して整っているとは言えない。さらに、人数もぎりぎりという困難な状況も抱えている。しかし、限られた時間のなかで彼女たちは必死に練習を重ねているのだ。個々がしっかりと高い向上心を持ち、今日もグラウンドに足を運ぶ。そして、経験者に追いつくためお互いに厳しい言葉もかけ合う。彼女たちのホッケーに取り組む姿はまさにアスリートの鏡だ。

 

 

ここまで見るととても厳しい雰囲気を持つ部のように感じるが、さらに大きな特徴の一つがチームの仲の良さである。普段は競技中とは打って変わって、常に笑顔がこぼれるといってもいいくらい明るい。誰が見ても楽しそうな雰囲気で全員がコミュニケーションをとる。そして、取材にもとても優しく応じてくれる。休日などで遊ぶときも一緒に遊ぶそうだ。

 

 

このように、彼女たちの魅力は強い団結力としっかりしたけじめにある。ひとたびホッケーとなると本気で技術向上を目指すし、一方で騒ぐときはとことん騒いで楽しむ。だからこそ、納得いかないときは全員が悔しさを前面に出すし、逆によかったときは全員が喜ぶことができるのである。ホッケーを知っているかどうかなんて関係ない。経験者かどうかなんて関係ない。引退した先輩方が証明したように、やると決めたことに本気で取り組めばいい結果につながるし、必ず財産になる。まずは一度、彼女たちの姿を見にホッケー場へ足を運んでください。大歓迎で迎えてくれること間違いなしです。(萩原章太)

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について