同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第40回全日本学生剣道優勝大会
夏季結果号
男女ともに全日本出場決定!
SOもつれ込むも敗北喫す【...
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年9月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : 軟式野球部
同志社HEROESの魅力「軟式野球部」

第4回

同志社HEROESの魅力「軟式野球部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

昨年、2年連続10度目の西日本王者に輝くなど、大学軟式野球界でも強豪として知られる同志社軟式野球部。創設は1959年と伝統を持つが、体育会に加盟したのは7年前で、出発点は「部」ではなく「同好会」だった。しかし、同好会時代を経験しているからこそ受け継がれているのがチームワーク。スローガンに“『和』を持った全員野球”を掲げ、控え陣の声出しなど細かい部分を徹底させている。部員自体も、初心者から強豪校出身者まで幅広く在籍。試合のオーダー決定やサインなどもすべて部員達自ら行っている。

 


また、軟球ならではのゲームの面白さもある。高校時代は硬式でプレーしていた深澤投手(工4)は「変化球は軟球の方が曲がりやすい。ピッチングを自在に組み立てられる」と語る。そして硬式や準硬式と比べ軟球はかなりの低反発。圧倒的に投手有利なゲームが展開される。ロースコアの緊迫した状況の中で、時には走者三塁からヒットエンドランをしかける場面も。機動力や守備の堅さなどをいかに生かすかが勝敗のカギとなってくるのだ。

 

 

試合前の円陣。"DOSHISHA CHEER"で気合いを入れる。

 


専用グラウンドはなく、京都市内の施設を借りての練習が主。また、試合は平日にあり、講義と重なってしまうなど決して充実した環境とは言えない。それでも、根付く“全員野球”の姿勢が、毎年多くの新入生を迎え入れている。”同志社軟野”という選択肢があるということ、またその素晴らしさを、多くの方に知って頂ければ幸いである。(亀岡雅俊)

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について