同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : ヨット部
同志社HEROESの魅力「ヨット部」

第7回

同志社HEROESの魅力「ヨット部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

ヨットの魅力は風の強弱や向き、波の高さによって結果に大きく差がでることである。人によって強い風であったり高い波であったりと好みは違う。つまり、その日の天候が味方につくか敵になるか、変わってくるのだ。天気を味方につけても重要となるものがスタート。何隻ものヨットがスタートラインに並んで一斉にスタートをするが、フライング旗が揚がると注意が必要になる。その旗が意味することは、1隻以上のヨットがフライングをしているということ。何隻のヨットがか、どのヨットがフライングをしたかという情報は一切ない。確実にスタートできたという確信がない場合は、戻ってスタートをし直すのだ。スタートのやり直しによるロスは大きい。しかし、もしきちんとスタートできていないにも関わらず、そのままレースを続けた場合は失格。一番高い点数を与えられてしまう。これこそ最大のロスとなり、かつ優勝から遠ざかることに繋がる。自分をいかに信じるかが大きなカギとなるのだ。これが私が思うヨットの中で一番面白いところだ。

 

 

大自然に囲まれた練習は、見るだけで興奮してしまう。

 

 

同志社ヨット部の艇庫は琵琶湖にある。毎週末は合宿練習をしていて、470級・スナイプ級共に全国の舞台で毎年戦うほどのレベルだ。練習やミーティングはいつも真剣に行われていて、先輩と後輩の上下関係はなしに、1人1人が意見をきちんと言い、部の向上を目指している。しかしヨットから離れると雰囲気は一変。愉快な面白い人ばかりで、メリハリのある楽しい部活である。そんなヨット部の取材は毎回楽しい。あと1年この部活を担当し、もっともっと同志社のヨット部にはまっていきたいと思う。(丸岡知紗)

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について