同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : テニス部
同志社HEROESの魅力「テニス部」

第11回

同志社HEROESの魅力「テニス部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

創部100年以上の歴史あるテニス部。テニス部と言うと厳しいイメージがあるが、同志社ももちろんその例外ではない。しかしそれは自分に厳しく、高みを目指して頑張れる環境があるということだ。

 

 

リーグ戦にて、チームに貢献しようと果敢に攻める藤川(法2)

 

 

テニスは個人競技であり、勝つためには自分の力としっかり向き合う必要がある。弱点を受け入れ成長させる、強みを見つけて自信にする。そうしてより強くなっていくのだ。そのために必要なのが、ともに練習に励む仲間。同志社テニス部はテニスが心から好きで、向上心溢れる部員ばかりだ。たとえ練習が辛くても、手を抜く者はいない。互いに刺激し合いながら日々の練習をこなしている。

 

 

1年と4年のペアでも、ゲーム中に遠慮はない

 

 

「みんなのおかげ」。昨年の関西大会で優勝した時、井上(法2)はそう言った。そして、その「みんな」も彼女の勝利に湧いた。努力している姿を毎日目にしているからこそ、心から応援できるし、心から喜べる。厳しさからはそんな絆も生まれるのだ。

 

 

練習や試合以外の、普段のコミュニケーションは先輩後輩、男女関係なく、にぎやかで楽しい。けじめをしっかりつけ、充実した日々を送っている彼らはとても輝いている。どんなスポーツも心技体が重要となるが、ここにはそのどれをも鍛えられる環境がある。(吉田優香)

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について