同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : ボウリング部
同志社HEROESの魅力「ボウリング部」

第15回

同志社HEROESの魅力「ボウリング部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

ボウリング部の魅力は、チームワークの良さと4年間の中でボウリングの楽しさに触れながら、自分の成長を実感していくことが出来るという点にある。同志社大学ボウリング部は昭和37年創部され、関西学生リーグの初代覇者。これまでに関西、全日本で数多くの団体戦で優勝を重ねてきた伝統校だ。しかし、近年は、推薦入学のボウリング経験者で構成されるライバル京産大、仏教大に押されており、団体戦での優勝からは遠ざかっている。だが、チームワークのよさを持ち味に強豪相手に健闘しており、全国の頂点を目指している。

 


大学からボウリングを始めたという選手がほとんどのボウリング部。そのため、試合ではミスをしてもカバーを確実にし、スペアを逃さないなど、選手個人でお互いに助け合っていることがチーム力の高さの理由だ。入学時は、ガターをとってしまうなど、初心者とボウリング経験者との実力差は大きい。しかし、1年後には試合でストライクを連発するなど、経験者に負けないくらいの活躍をするようになる。さらには、入学当初100もいかなかったスコアが180から200のスコアを平均で記録するようになるなど、入学してからの自身の成長がしっかりと数字で表れることがボウリング部の魅力だ。ストライクを取って、よいスコアが出れば嬉しくなり、悪いスコアが出れば「まだ練習しなければ」と必死で練習し、実力を上げようと努力するところも自身の成長へつながっている。

 

 


チームワークの良いボウリング部

 

 

ボウリング場で誰もが聞いたことがある、ピンがすべて倒れたときのあのはじけ飛ぶ音と感触。ボウリングの魅力はなんと言ってもここにある。一度その音を聞いたらその魅力にとりつかれてしまう。だれでもストライクを取った時の感触はボウリングをする中で最高の感覚だろう。この感覚を求めてボウリング部へ入部した選手も少なくない。ボウリングの面白さは、一投ごとに変わるレーンのコンディションを読み、ボールに変化を加え、いかにストライクを連発させられるかというところにもある。プロでもレーンのコンディションを読むことは容易ではなく、それを読みきって、ピンをすべて倒した時の嬉しさは大きい。ストライクを連続で取るだけでなく、スペアを要所で決めていき、得点を積み重ねるなどの戦略を立てていくボウリングの緻密さにも面白さはある。

 


たくさんの魅力があり、自身の成長につながるボウリング部。大学から始めた選手が多く、初心者でも先輩が丁寧に教えてくれるなど、とても面倒見の良い部である。ボウリングが好きで、充実した4年間を体育会で過ごしたい学生にとっては明るく楽しく、過ごしやすい環境なのかもしれない。(児島弘樹)

 

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について