同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : ソフトテニス部
同志社HEROESの魅力「ソフトテニス部」

第26回

同志社HEROESの魅力「ソフトテニス部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

2010年、ソフトテニス部は大活躍を見せた。関西と名のつく大会はほとんど優勝をさらい、連覇記録を次々に打ち立てる。西日本でも4年間王者の地位を守り抜いた。さらに、インカレでは個人シングルスで準Vに輝き、全日本学生インドアでもダブルス3位。ささやかれ続ける“関東との壁”を破る勢いを感じさせた。ソフトテニス部の魅力は、まず何といってもその強さだ。

 

 

強烈なフォアハンドで攻め込む主将・柴田(スポ3)

 

 

だが、コートの中では猛々しい彼らも、毎日の田辺での練習にとがったものは一切ない。「みんな面白くて楽しい」(増田・商2)、「チームメイトとこうやっているのがいい」(澤田・法3)という言葉どおり、プレー中も休憩中も、コートが静まり返ることがない。常に声が飛び交い、先輩後輩の壁を越えて励まし、奮い立たせ、ふざけ合う。部活で嫌なことはないのかという問いに、「特にない」「単位がとれなくなる」と答える選手がいるほど、その雰囲気は魅力的だ。そしてその雰囲気は、選手だけにとどまらない。「自分の考えた厳しいトレーニングを、文句を言いつつみんなでわいわい楽しそうにこなしてくれる」(岡垣マネージャー・スポ3)。選手が全員男子の中、女子一人で部活を支える状況でも、部活は楽しいという。

 

 

応援を終え、笑顔を見せる選手たち

 

 

それは、“現状に満足しない”姿勢からくるのだろう。取材した選手全員が、インカレ優勝に照準をあわせていた。「部活をしていて一番嬉しかったこと」は、「まだない」(善野・スポ2)、(増田・商2)。インカレで2年連続で早稲田に負けた事実と、自分たちのプライドが、彼らを走らせ続ける。

 

 

力強いショットと声で流れを引き寄せる副将・澤田(法3)

 

 

ポイントを決め、気持ちを爆発させる副将・清水(経3)

 

 

前人未到の西日本五連覇がかかる今シーズン。練習は、これからますます熱を帯びてくるだろう。部員は、セレクションや有名選手だけでなく、一般学生からも募集しているという。歴史的瞬間に、選手として立ち会う絶好のチャンス。一度、試合や練習に足を運んでいただければ、ソフトテニス部のとりこになること間違いなしです。(三村久美子)

 

 

平日は、午後の授業の合間に集中して練習をするそうだ

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について