同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : レスリング部
同志社HEROESの魅力「レスリング部」

第37回

同志社HEROESの魅力「レスリング部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

レスリング。それはその昔、古代オリンピック五競技のうちの一つでもあったほどとても歴史深いスポーツだ。その名も “ひねる”という意の古代英語に由来しており、広い意味では「組討ち競技」と訳される。西洋格闘技の基礎とされ、日本ではそれを、相撲・柔道とともに格闘協議の一つとして取り扱っている。

 

 

大きく分けてフリースタイルとグレコーマンスタイルの二つがあるレスリングの試合は、三人の審判員のもと二人の競技者によって行われ、両者とも相手の両肩を完全にマットにつけるとその時点で勝敗が決まる。日本のレスリングは非常に強く、オリンピックや世界大会など多くの試合で数々のメダルを獲得してきたことで有名だ。オリンピックだけでも30個以上のメダルを獲得している、日本が世界で活躍できる数少ないスポーツのうちの一つなのである。

 

 

今年で創部66周年を迎える同志社レスリング部。昨年は2年生のエース、中屋らの活躍が光った。“握手”を礼儀の基本とする彼らは、試合開始前と終了後に必ず対戦相手と握手を交わし、試合終了後もレフェリー・対戦相手のセコンドと握手を交わしてからマットを降りる。身体と身体を直接ぶつけ合う白熱した試合の中でも決して礼儀を忘れない紳士なスポーツ、それがレスリングなのだ。全身を使って闘い心身を鍛え、丈夫な身体と強い精神力、そして豊かな心を同時に育成する。そんなレスリングの魅力をもっとたくさんの人に知ってもらいたい。(田中怜奈)

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について