同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
'19秋の展望「...
植村堂々優勝!
全勝優勝で1部昇格!!【ソ...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力" : ボート部
同志社HEROESの魅力「ボート部」

第39回

同志社HEROESの魅力「ボート部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

“ボート”と言われれば、公園の池にゆったり浮かぶものを想像するかもしれない。だが、2000㍍をたった6分で漕ぎ抜く“水上最速のスポーツ”としての“ボート”が同志社には存在する。

 


正確には“ボート競技”。流線形の先端を持つ艇に漕手とコックスが乗り込み、先にあるゴールを目指すいわば“かけっこ”。一見するとオールを漕ぐという単純作業の連続のように思える。だがしかし、ゴールへの速さを競うというシンプルな競技だからこそ、緻密さが要求されるのだ。ボートへ乗り込む最大人数は、エイトの9人。「エイトなのになぜ9人?」と思うが、これは漕手8人に加え、コックス(舵手)が合わさった人数なのだ。コックスの号令に従って8人が一糸乱れぬ漕ぎを見せる。「究極のシンクロスポーツ」。同じスピードで漕ぐことが、より早く艇をゴールへと向かわせるのだ。

 

 

コックス(手前)の号令に動きをそろえる8人

 

 

悔しさが残る結果となった昨シーズン。創部120周年となる2011年にインカレ優勝で華を添えたい。同志社の勝負の年が、今始まる――。(鶴岡瑞恵)

【2月のWEB企画 "同志社HEROESの魅力"バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について