同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11春の展望 : 陸上ホッケー部
'11春の展望「女子陸上ホッケー部」

第3回

'11春の展望「女子陸上ホッケー部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

2年連続の王座へ

 

創部6年目を迎えた女子陸上ホッケー部。目標とする2年連続の王座出場へ向けてチームの雰囲気は上々だ。しかし、関西リーグでは全国屈指の強豪天理大、立命館の存在が大きく上位進出は困難である。さらに、経験者揃いの聖泉大、ライバル中京大に加え、関学が今年からセレクション選手を集めるなど、王座出場条件である関西4位以内に入るのは決して簡単なものではない。

 

 

そんな中、同志社はポジション変更を行うなど最適なフォーメーションを模索中だ。攻撃陣を引っ張るのは安定感のある宮里(同女3)と千速(生命4)。そこに「(今年は)自分から動いていきたい」と実力十分の山下(同女2)が食い込む。さらに、ドリブルに定評のある稲元(同女1)の加入が攻撃に厚みを持たせるだろう。

 

 

声とプレーでチームを引っ張るFW宮里(同女3)

 

 

攻撃の中心として注目したい山下(同女2)

 

 

守備では今年からGKを始める岡本(生命2)の成長がカギを握る。岡本は大学までホッケーの経験がないため不安な部分もあるが、主将帰山(スポ4)の提案で「任せられるならやってみようと思った」と意欲は十分。急成長を見せてくれるに違いない。さらに、すでに部員からの期待も大きい森長(心理1)に注目したい。持ち味の正確なプレーで、1年生ながらDF陣の中心として活躍が期待される。

 

 

急成長に期待がかかるGK岡本(生命2)

 

 

「試合になるとまだまだ」(帰山)と連携などの課題はあるが、昨年に負けず劣らずのチームワークはここ一番で最強の武器になるに違いない。いい意味で学年の壁など関係ない絆は、彼女たちを必ず王座の舞台へ導いてくれる。(萩原章太)

【'11春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について