同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11春の展望 : 陸上競技部
'11春の展望「陸上競技部」

第11回

'11春の展望「陸上競技部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

同じベクトルに向かって

 

昨年、序盤は波に乗れず、インカレでは思うような結果が残せなかった陸上部。だが、毎年行われる関関同立戦では、関大に競り勝ち10年ぶりに3位になり、さらに学年別大会では女子4×400mリレーで同志社記録をマーク。この種目で優勝を果たした。一方、琵琶湖駅伝では2年連続でシード権を獲得。また、石井(経2)がハーフマラソンで同志社記録を更新するなど、ロードで長距離選手が活躍した。

 

 

今年も依然と立命館や関学など強豪校がひしめく関西。大西主将(商4)は「今年は関カレで総合3位を目指したい」と語ったが、今の戦力では決して不可能でないはずだ。

 

 

まずはフィールド種目。「主将としても、選手としても引っ張りたい」と西カレで優勝経験があるやり投げの大西主将を筆頭に、「関カレで優勝して、全カレ標準記録を切りたい」と昨年のケガを乗り越えた三段跳びの安藤(商3)。また、女子やり投げの吉見(心理2)や三段跳びの藤原(スポ2)など高校時代に大活躍した選手の更なる活躍に期待したい。

 

 

次に中・長距離。5000mの自己ベストを大幅に更新し、また琵琶湖駅伝で大車輪の活躍をした浜川(経3)や石井、800mでインハイ上位になった山崎(理工2)が本来の力を取り戻すなど、成長が楽しみな選手が控える。

最後に短距離。女子キャプテンでチームを引っ張る400mハードルの中村(スポ3)、また藤井(スポ2)、鹿島(スポ2)など、個人だけでなく、4×400mリレーの同志社記録の更新にも注目だ。

 

 

「全員が同じベクトルに向かっており、一人一人の意識が高い」(大西主将)。 個人競技ではあるが、全員が“同志社”という誇りを胸に、全国を目指して走りつづける。 (射場本 綾)

【'11春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について