同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11春の展望 : サッカー部
'11春の展望「サッカー部」

第16回

'11春の展望「サッカー部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

昨シーズンのリベンジを

 

昨シーズン、関西選手権を制した同志社サッカー部。14年ぶりの快挙に意気揚々と全国の舞台に挑むも、1回戦で仙台大にまさかの敗北。全国で同志社の名を轟かすことは叶わなかった。さらに、前期を2位で折り返した関西リーグでも、一昨年同様後期に調子を落とす。なかなか勝ちきることができず、最終結果は5位。インカレ出場の夢は泡と消えた。



今シーズンは主力を担った荒堀(経卒)らが引退し、更なる苦戦が予想されるが、攻撃陣は今年も魅力溢れる選手が揃っている。エースナンバー10を背負う辻(商4)に加え、切れ味あるドリブルや精確なプレスキックが持ち味の副将・東矢(法4)が攻撃を活性化させる。さらにその攻撃陣を支えるのが関西選抜にも選ばれた主将・早坂(経4)と三浦(商4)だ。早坂が中盤で抜群のフィジカルを生かし、試合を引き締めれば、サイドバックの三浦が自慢の快速を生かし果敢なオーバーラップでチャンスを創出する。強烈なキャラクターを備え持つ選手たちは今年も健在である。



昨シーズン圧倒的な力で他大学を圧倒した阪南大を筆頭に、インカレを制した関大、宿命のライバル立命館などの強敵は今年も好調を維持している。群雄割拠の関西リーグを抜け出すことができるのか。新生同志社サッカー部の戦いに注目だ。(竹内淳人)

【'11春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について