同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11春の展望 : レスリング部
'11春の展望「レスリング部」

第19回

'11春の展望「レスリング部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

夢の3位入賞へ

 

「勝てないと思っていた試合に勝つことができた」(文珠主将)。2010年5月、大阪で行われた西日本学生春季リーグ戦。全7階級の試合にたった9人の部員で挑んだ同志社レスリング部は、大変苦しい戦況を迎えた。徳山大戦では副将田北が勝利するものの1-6で敗戦、中京学大戦ではエース梅澤と河内が健闘し勝利をおさめるものの2-5で敗戦。このまま負けてしまうのかと選手たちの間に不穏な空気が流れ始めた中、天理大戦で小谷が執念の4勝目を挙げ、チームを盛り上げた。それから同志社レスリング部は中屋・梅澤・大藤・田北・文珠が続いて勝利をおさめる大健闘を見せ、6-1で圧勝。最終結果は1部第6位に終わったものの、ここで選手同士の信頼関係をさらに高めることができた。

 


「これからも人との絆を大切にしていきたい」(文珠主将)。同志社レスリングの強みは人との繋がりの深さ。彼らは現役選手同士だけでなく、OB選手との繋がりもとても深い。これまでに部を引退した先輩たちが彼らの合宿先まで実際に足を運び、選手たちに直接指導するなど、さまざまな心強い援助体制が確立されている。

 


今年も5月から再び日本学生春季リーグ戦が開幕する。「今度こそは3位入賞を目指す」(文珠主将)。同じ“レスリング”でも、軽量級と重量級とでは試合内容が全く異なる。選手一人一人を見ても、腕の長さや脚の長さがそれぞれ異なってくるため、個人に合わせた各々の練習メニューが必要になってくる。「短所を補い合うのではなく、選手それぞれの長所を伸ばすことのできる試合を心掛けていきたい」(文珠主将)。熱い男たちの気迫が新たな舞台で大きな勝利を呼び寄せる!(田中怜奈)

【'11春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について