同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11春の展望 : 硬式野球部
'11春の展望「硬式野球部」

第28回

'11春の展望「硬式野球部」


<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

 “一球一心”日本一への挑戦

 

「目標は日本一」(小林主将・商4)。昨年37年ぶりに春秋連覇を成し遂げ、悲願の神宮出場を果たした硬式野球部。次なる目標は大学野球の頂点に立つこと。だが、そのためにはまず、関西の厚き壁を打ち破らなければならない。4月から始まる春季リーグ戦。昨年、同志社がこのリーグを制覇した大きな要因として先発投手の藤井(法卒)、平川(社4)の2人がシーズンを通して安定した投球を披露したことが挙げられる。今年はその2本柱の1人、藤井がいない。藤井の穴を誰が埋めるのか。今のところ尾中(法4)、山添(法4)、栗山(文情4)の4年生トリオに加え、成長著しい國正(経2)、大戸(法2)がその有力候補だ。この中から平川と並び、ゲームメイク出来る投手が台頭してくるか否かが、同志社連覇の鍵を握る。

 

 

二戦目の主戦投手候補の一人、大戸。落差のあるスライダーが武器だ。


 

一方打線の方は、昨秋首位打者に輝いた中谷(法2)、主砲生島(商4)を中心に、小林、森川(商3)など好打者が揃う。さらに今年はここに、ルーキーの大砲・山本定(スポ1)も加わり、上位から下位まで穴のない打線となりそうだ。左右のバランスも取れており、関西屈指の強力打線といえる。だが、この強力打線の前に、関西が誇る剛腕達が立ちはだかる。特にライバル近大のプロ注目左腕、中後には要注意だ。彼を攻略し、近大から勝ち点を奪うことが関西三連覇のキーポイントとなる。


 

4番に座る主砲の生島。今季は副将として、小林と共にチームを牽引する。


 

「一球一心~日本一への挑戦~」同志社ナインはこのスローガンのもと一つになり、例年以上に厳しい冬練を耐え抜いてきた。全ては日本一になるために――。同志社ナインは、その序章である春のリーグ戦で連覇を成し遂げ、王者の貫録を見せつけることが出来るのか、注目だ。(井上真一)

【'11春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について